グリップ テニスギア

【トーナグリップ】使用した感想は?厚さや巻き方も紹介します!

この記事の内容

  • 「トーナグリップについて」が書いてあるよ!
  • 「トーナグリップを使用している選手」が書いてあるよ!
  • 「トーナグリップのメリット・デメリット」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

プロの中でもよくみる青色のグリップ。どこのものか気になったことはありませんか!?

私はテニスを始めた頃D・ティエムがつけていたので気になって調べました。その結果、今回記事にさせていただいた「トーナグリップ」と言うぐりぷを使用しているそうです!

さらに実際に使ってみた結果、かなり使いやすかったです!

今回は「トーナグリップ」について詳しく書かせていただきました!目次もあるので活用してください!

それでは始めていきましょう!!

スポンサーリンク




トーナグリップについて

トーナグリップとは

      素材            ドライ      
         長さ               99cm      
      幅            29mm      
      色            ブルー      
   価格         ¥1,000 + 税      
      製造            UNIQUE      

トーナグリップは3本・10本・30本・50本入りがあります。最初は3本入りを買って気に入れば10本入り、もうトーナグリップしか使わないかもと思ったら30本入りを買うのがいいです。50本は少し多いような気がします。

世界のトッププロが使用するドライタイプのグリップテープ。大量の汗を吸収してもぬめりが出ません。

出典 : 株式会社キモニー

素材

ウェットグリップと違いドライグリップになります。握った感じはサラサラして少し薄さを感じるかもしれません。また、使っていると毛羽立ってきます。

長さ

パッケージの表面には"XL"という表記があると思います。別サイズもあるのですが、小さくすると短すぎて、大きくすると流すぎると思うので"XL"を買えばまず失敗はないです。

ただ他のメーカーに比べて若干短めに作られているため、巻く際は注意してください。

BaboratWilsonHEADYONEX
115cm105cm105cm120cm

幅に関しては他のグリップと大差はないです。ただ、長さが他と比べて短い分、巻く際に重なる幅を狭めていただけるとうまく巻くことができます。

BaboratWilsonHEADYONEX
非公開30mm29mm25mm

バボラの公式サイトにも書いていないため、幅に関しては気にする方も少ないのでしょう。

普通は白や黒をはじめ、カラーバリエーションがあると思うのですが、トーナグリップに関してはブルーのみです。さらに細かく言うと、私が見た限り青というより紫の方が近いと思っています。

グリップを止めるテープは赤です。この組み合わせはないので、青グリップに赤いテープを見たらトーナグリップと考えていいと思います。

価格

¥1,000+税です。少し高いです。。後ほど耐久面にも触れますが、正直言うとコスパは悪いです。ですが、使う価値はあると思います。

製造

UNIQUEという会社が製造しております。UNIQUEは1972年にグリップテープの製造を開始した会社です。現在はフロリダに本社があるということなので、日本の流通が少ないのだと思います。

あとは株式会社キモニーでも取り扱いがあったため、ウィルソンとルキシロンが独占流通契約を結んでいるようにキモニーとUNIQUEでも流通の契約を結んでいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク




使用している選手

テニス史上に名をのこしたP・サンプラス選手が使っていたことで有名ですね。あとは片手バックハンドの名手のR・ガスケ(片手バックハンドなのでかなり短く巻いていて見にくいです)や元世界1位のA・マレー選手も使用しています。

最近だと、全米オープン優勝のD・ティエや新鋭のD・シャポバロフもなぜか、2020年の全米オープンから使い始めたことで話題を呼びました。

この投稿をInstagramで見る

great first round

Dominic Thiem(@domithiem)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Into the quarters 💪🏼🙏🏼 📸: Simon Bruty

Denis Shapovalov(@denis.shapovalov)がシェアした投稿 -

トーナグリップの評価

メリット

薄いため調節がしやすい

皆さん1人1人細いグリップが好きだったり、太いグリップが好きだったり色々な方がいらっしゃると思います。

「リプレイスメントグリップ(オーバーグリップの下に巻いてある元グリップ)のまま使いたいけど、1本だけオーバーグロップを巻きたい」という方や「2本巻きたいけどウェットグリップ2本じゃ太すぎる」など要求はそれぞれ違います。

そんなときに薄いグリップを使えば簡単に調整ができます。

消耗するまで滑らない

よく「手汗を書かない人は滑るので注意」というようなレビューを見るのですが、そんなこともないような気がしています。

私も手汗はあまりかかないほうで、いつも手が乾燥しています。(ハンドクリームを毎日塗らないと大変なことになるくらいです)

ですが、滑らず使えます。むしろ乾燥肌の人にいいウェットグリップより滑らず使えています。そのため、滑ってしまう原因は他にあると思います。

それか、実際に握って確かめるのは運動前なので滑る感じがするというだけかもしれません。(私も変えたときは運動する前なので少し滑る感じがあります。プレー中は全く滑りません。)

デメリット

耐久性がない

ウェットグリップは平気で1ヶ月使えます。ですが、トーナグリップは1日で破けてしまうこともあります。その後分かったのですが、連続で使うと消耗が激しいことが分かりました。

1日で破けてしまった時は1日(約5時間程度)テニスをしました。しかし、1日2時間を日をまたいでやったところ3週間持ちました。

そもそもグリップテープは破れるまで使おうとすると、衛生的にもプレーにもよくないので定期的に交換しましょう。ですが、少しコスパは悪いと思います。

コスパが悪い

頻繁に変える必要があるうえに少々お値段がはりますが、使う価値はあるほどいいグリップだと思っています。

本当に金欠になった時にウェットグリップでしのぎます。。

巻くのが少し面倒

普通のグリップは巻きやすいようにどちらかはグリップエンドに合わせてカットしてあります。また、テープの取りやすいように工夫されているところがほとんどです。

しかし、トーナグリップはカットもされていなければ、テープの取りづらいです。また、少し短いので重なる部分を考えなくては「あれ?短い!巻き直しだぁ~。。」というように巻き直しが必要になります。

上手に巻くコツ

300gが平均として...

  • グリップテープはカットせずにそのまま巻く。
  • あらかじめテープは少しだけ取っておく。
  • 最初から重なる部分の幅はかなり小さくしておく

これを注意しておけば失敗はなくなります。また慣れれば解決します!

まとめ

トーナグリップについて説明させていただきました。

デメリットもありますが、そのデメリットを感じさせないくらい良いグリップに仕上がってます。文章だけだと伝わらない部分もあると思うので、1回買ってみて判断するのがいいと思います。「百聞は一見に如かず」です!

最後まで見ていただきありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-グリップ, テニスギア
-, ,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5