Babolat ラケット

【バボラ:ピュアドライブ 2021】 インプレ バボラの王道テニスラケット ~Baborat PURE DRIVE~

この記事の内容

  • 「特徴(おすすめや筆者総合評価)」が書いてあるよ!
  • 「データ(スペックやテクノロジー)」が書いてあるよ!
  • 「使用している選手」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!!

バボラはラケットの種類は他のメーカーに比べれば、少ないものの人気がありすぎるあまり使用率がかなり高くなっています。

そのバボラの中で圧倒的な人気を誇っている「ピュアドライブ」のインプレ記事です!

これを見れば「ピュアドライブ」がどんなラケットなのかが分かると思います。

流し読みしたい方は目次を活用してくださいね!!

スポンサーリンク




【Baborat(バボラ):PURE DRIVE(ピュアドライブ)】の特徴

こんな方におすすめ!

どのポジションでも高い得点率を誇るオールラウンダー

ピュアドライブはラケットの名前に"ドライブ"とついているだけにスピン系のラケットと思われがちです。

しかし、バボラのスピン系のラケットはピュアアエロであり、ピュアドライブはパワー系のラケットになります。

フレームが硬く剛性があるためパワーロスを防ぎ、さらにフェイスの形はパワー系のラウンド型となっています。

そのため、ストロークだけではなくネットプレーでも活躍できる万能なラケットになっています。

ラケットにパワーと安定感を求めている人

パワー系のラケットということはパワーロスがあっては意味がありません。

そのため、フェイス全体に打球時にねじれを防ぐ「HTRシステム」を搭載しています。

結果、強打したときに面ブレを防ぎパワーロスを防いでいます。

また、ガットのマス目を上下に拡大できるグロメットを採用しているためスイートスポットを拡大しています。

ここでもしっかりボールにパワーを伝えられるようにしています。

総合評価

バランスがいいスペックやパワーに特化したテクノロジーなど、全ラケットの中でもトップの性能を誇っているほど扱いやすいラケットだと思います。

特にネットプレーにも対応できるため、まさにオールラウンダーモデルと言っても過言ではありません。

また、プロだけではなく扱いやすい「黄金スペック」でもあるためかなり万人受けしやすいモデルだと思います。

ちなみに私が通っているスクールでも同じクラスで2人ピュアドライブを使っている人がいます。

【Baborat(バボラ):PURE DRIVE(ピュアドライブ)】

キャッチフレーズ

"UNLEASH YOUR POWER"

直訳すると"あなたのパワーを解き放つ"ということでした。

完全にパワー系のラケットのキャッチフレーズですね!!

それでは詳しく見ていきましょう!

概要

素材グラファイト
重さ300g
長さ27.0インチ
バランス320mm
フェイスサイズ100平方インチ
フレーム厚23.0-26.0-23.0mm
RA値72
ストリングパターン16(縦)×19(横)

素材

グラファイト

グラファイトは別名、黒鉛と言い、カーボン(炭素)を黒鉛化(高熱処理)したものです。

重さ

300gと平均的な重さです。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

27インチ(685mm)のラケットで考えたときは、320mmで大体ラケットの中心になり、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

さらに、27.0インチ(685mm)の場合、320mmより大きいとトップヘビーなラケット(ラケットヘッドが重い)になり、320mmより小さいとトップライトなラケット(ラケットヘッドが軽い)になります。

27インチで320mmなのでイーブンバランスなラケットということになります。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

100平方インチなので平均的なフェイスサイズになります。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

ラケットヘッドが23.0mm、フレームサイドが26.0mm、スロート(シャフト)部分が23.0mmと中厚ラケットと薄ラケの間になっています。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

バボラは公表していてフレームの硬さであるRA値は72と硬めなラケットとなっています。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

16×19と標準なストリングパターンです。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

HTRシステム

フェイス全体にパワーロスの原因であるねじれを抑制するHTRシステムを採用しています。

結果、パワーロスが少なくなり、爆発的なパワーを生み出すことができます。

また、面ブレも抑制しているため強打がしやすいラケットに仕上がっています。

SWXピュア フィール

スロート(シャフト)部分に振動吸収に優れた高機能素材を搭載しています。

そのため嫌な振動がなくクリアな打球感になっています。

FSIパワー + イリプティック フレーム

マス目を上下に拡大したストリングパターンと、六角形のグロメット(ダイヤモンドグロメット)が採用されているので、ストリングのたわみが大きくなりパワーがより出るように設計されています。

また、フレームの形もパワー系であるラウンド型なので、爆発的なパワーを生み出しています。

まとめ

いかがでしたか?

私も最初は"ドライブ"っていうくらいなのでスピンがかかるラケットなのかと勘違いしていましたが、正体はパワー系のラケットでした!

名前だけではわからないものですね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-Babolat, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5