Kのつぶやき

【コロナ感染】世界2位のメドベージェフがコロナ陽性 モンテカルロ棄権 ナダルも濃厚接触者!?

この記事の内容

  • 「ニュースの概要」が書いてあるよ!
  • 「コロナウイルス感染で生じる障害」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

今回はしっかりした記事と言いますか、恐らくこのメドベージェフのコロナウイルス感染でランキングの変動なども起こりそうなので書かせていただきました。

概要

2021年4月12日に世界ランキング2位のD・メドベージェフが新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

メドベージェフについてはこちらから!

コロナウイルス感染で生じる障害

モンテカルロ・マスターズ棄権

モンテカルロ・マスターズに出場予定でしたが、棄権することを発表しました。

メドベージェフはクレーコートの勝率が10-18(勝率38%)と負け越しており、かなり苦手としています。

しかし、2019年のモンテカルロ・マスターズでは、今回優勝したS・チチパスや世界ランキング1位のN・ジョコビッチを破りベスト4となっています。

さらに今年は流れが来ているのでいいところまで行けると思ったところ、感染報告を受け隔離状態に入っています。

非常に残念で本人も悔しがっているそうです。

世界1位も少し遠く

現在、メドベージェフは世界ランキング2位となっています。

BIG4(N・ジョコビッチR・ナダルR・フェデラー、A・マリー)以外で2位になったのは約16年ぶりで、今後かなり期待されていました。

また、N・ジョコビッチも絶好調というわけではなく、ポイント差も約2,000ポイントだったので、今年の活躍次第では1位に浮上するのも見えてきたところでした。

しかし、直ったからすぐ本調子というわけでもなく、ただでさえ調子の波が激しいメドベージェフにとっては、今回のコロナウイルス感染はかなり致命的だったと思います。

また、クレーコートが得意なR・ナダルとのポイント差は約300ポイントだったので抜かされてしまう可能性が大きいです。

一緒に練習していたナダルも濃厚接触者!?

コロナウイルス陽性発覚日の12日に一緒に練習していたのはR・ナダルでした。

R・ナダルも一緒に練習していたため濃厚接触者であると思いきや、結果は陰性ということで、濃厚接触者とはならずモンテカルロ・マスターズに出場しました。

しかし、この日に検査して陰性という結果が出ても後日陽性となる可能性は十分あり得ます。

検査については意外と適当なんですね!(※R・ナダルが嫌いなわけではありませんよ!)

まとめ

世界ランキング1位も視野に入ってたと思うのでかなり残念です。

また、ランキングが落ちる可能性がかなりありそうなのでそれも本人にとってはかなりキツそうですね。

早く回復してツアー復帰してほしいものです。

最後まで見て頂きありがとうございました!

k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-Kのつぶやき

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5