その他

【テニス:フォアハンド】安定・上達させるコツを解説します!

K
こんにちは、Kです。

フォアハンドは自由が利く分安定させるのが難しく、ある程度経験を積んだ方が悩むところです。本日はフォアハンドに焦点を当てて解説していこうと思います。しかし、技術は日々進化し、流行り廃りもあるので、随時アップしていこうと思うのでチェックお願いいたします!

それでは始めていきます。

こんな方におすすめ

  • フォアハンドが安定しない。(良いときと悪いときの波が激しい)
  • うまい人の真似をしているが思い通りのボールにならない。
  • ネットやアウトが多い。
  • スクールに通っていてコーチのアドバイスがよくわからない。

結論

  1. テイクバックはどうでもいい。
  2. 白帯ネットや多少のアウトは気にしない。
  3. うまい人を完コピはやめて部分的に取り入れよう。
  4. 調子がいいときこそ落ち着いて考えながら打とう。
  5. コーチのアドバイスも部分的に取り入れよう。

この5ポイントを考えながらテニスをすれば大分改善されると思います。私は、以前まですべてこの逆をしていました。(笑)

では、1つ1つ詳しく見ていきましょう!

理由

1.テイクバックはどうでもいい。

私も学生時代"もっと小さくテイクバックしろ!"と毎回のように言わてれいました。確かに間違えではないと思っております。

例えば、早いボールが来たときや球足の速いサーフェイス(グラスコート)での打ち合いは、大きいテイクバックだと厳しいことがあります。ですが、私たちがテニスをしている場所はプロの世界ではありません。

プロでも大きいテイクバックをしている人はたくさんいるのに、一般プレーヤーが大きくテイクバックして振り遅れるっていうことはあまりないと考えています。(レシーブは例外ですが...)

2.白帯ネットや多少のアウトは気にしない。

気にしていただきたいのはネット下段に引っかかった時とかなり大きいアウトです。それ以外は少しの修正で直ります。

しかし、大きなミスは大幅修正しないと直りません。むしろ、多少のミスで打ち方を矯正していたらそのうち自分の打ち方が分からなくなり、すべてが悪くなり、ミスが多発し、テニスが嫌いになるという恐ろしいループにはまります。

3.うまい人を完コピはやめて部分的に取り入れよう。

プロの完コピを目指す...結構あると思います。私も毎日動画を見て、研究し完コピを目指しました。しかし、いつまでもうまくいきません。

それはそうですよね。そもそも体格が違いますし、筋力も違う。練習内容や時間も違う。人それぞれ体の動く範囲や動かし方も違います。これだけ違う中で無意識の完コピは不可能だと気付きました。(厳密には不可能というよりかなりの練習量が必要だと思っています。)

4.調子がいいときこそ落ち着いて考えながら打とう。

これは難しいですよね~。調子がいいときって強打したいですもん。思いっきり打ちたいですもん。私もやってました。

しかし、調子がいいときこそ余裕があるので、しっかり考えながら打った方が上達の近道なのではないかと思っています。正直、強打しなくてもいいコースに打つことができれば決まります。強打は調子が良ければできますが、コントロールは調子だけでどうにかできる問題ではないと思っています。

5.コーチのアドバイスも部分的に取り入れよう。

これはスクールに行っている方です。もちろんコーチはうまいですし、いろいろなことを教えてくださいます。少なくとも私たちより経験値や技術は上です。私もスクールに行っていますが、コーチのことは尊敬や信頼をしています。

じゃあなんで?という気がしますが、先ほどの3つ目のポイントと似ています。唯一コーチより知識があるのが"自分の体"のことです。手足が動く範囲やできることできないことは自分が一番知っています。

例えばコーチに"打つときにもう少し体をひねって"と言われたとします。しかし、自分ではこれ以上動かないことを知っています。こうなった時にすべてコーチの言ったことをやっていたらいずれか変なフォームになったりする可能性もあります。このような理由からコーチのアドバイスも部分的に取り入れたほうが良いと思っています。

※もう一度言いますが、私もコーチのことは尊敬・信頼しています。

解決策

1.インパクト前からフォロースルーを気にする。

フォアハンドの流れは、テイクバック→インパクト→フォロースルー...という流れです。ここでテイクバックは無視してかまいません。構えて自分がやりやすいテイクバックでOKです。

ここから重要な点を紹介します。

  • インパクト前は必ずラケットの面を下にすること。
  • インパクトは自分の少し前 or 腕を伸ばしたところ
  • フォロースルーはなるべく大きめに。

これを意識しましょう!別記事になって申し訳ございませんが、少し長いのでこちらの記事で詳しく解説しております。

2.ネット下段やラケット3本分くらいのアウトだったら修正する。

ネット下段のミスはフォロースルーに問題があると考えています。恐らく小さくなっているはずです。前に押し出すように意識して打てばボールが伸びていき、ネットミスが減ります。

大幅なアウトの場合は、ラケットの面が上に向いている状態か体がラケットより前に出ている状態です。インパクト時は必ず自分より前で捉えましょう。どのくらい前かというのは上の記事で紹介しています。ラケットの面に関しては、地面と垂直以上にならないようにしましょう。

3.うまい人の技術は2点だけ真似をする。

特に真似していただきたいのはインパクト時。どこで捉えているのかを見ていただきたいです。

あとはフォロースルーです。(インパクトとフォロースルーの記事は1.インパクト前からフォロースルーを気にする。のところにリンクを貼っていますのでご確認ください。)

どの選手の真似をすればいいの?という疑問もあるかと思いますが、自分のフォームと似ている人がいいと思います。

まず、素振りでもいいので自分のフォームを前後左右から動画を取ります。そこで自分のフォームを確認したあと似ている選手を探します。この時に注意点は、動画を取る際に自分からうまい人に寄せないことです。

テニスしているときは、みなさん無意識で打っているので、誰のフォームか意識して毎回やるのは難しいです。そのため、自分が無意識で振るフォームにしましょう。

よくフォームがきれいだから強いという認識をされる方がいますがそんなこともないです。現在ランキング6位のダニール・メドベージェフはあまりきれいではないと思います。でも、プロの世界で若手ながらかなりの成績を収めています。

フォームがきれいで有名なジョコビッチ選手との試合があったので見てください。

4.調子がいいときに考えながら打つ。

これは結構重要です。

調子がいいときは余裕があります。だからと言って強打の連発をしていたら、必ず調子が狂う時が来ます。例えば、変な体勢で打ったことによる疲労で調子が悪くなるということや低い体勢で打たなくてはいけないボールも調子がいいからと言って上からたたきに行ってしまいネットになる。それを乱発しモチベーションダウンによる調子の悪化、など調子がいいときにはいろいろと落とし穴があります。

もちろん調子のいいことが悪いことではありません。考え方の違いだと思います。調子が良くて考える余裕があるからこそ自分がどのように打っているのかや修正箇所を見つけてみましょう。

私も以前まで、調子がいいときは強打の連発でしたが、案の定いいときを抜けたときは上記のような負のサイクルに陥りました。

今では、切り替え良いときにこそ考えて落ち着いて打つことを意識しています。

コーチのアドバイスを部分的に取り入れるときは...

アドバイスを受けるときは逆質問をするといいです。

コーチに「もっと打点を前に!」と言われたら、「どのようにしたら打点が前になりますか?」のように逆質問すると、その質問に合った答えが返ってきます!

経験豊富なコーチは別の解決策を考えて教えてくださると思います。私の担当してくださっているコーチはこんな感じでできないなら別の方法というように考えてくださります。やっぱりコーチはすごいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?フォアハンドを安定させるという課題は誰もが直面することだと思います。さらにかなり悩む部分でもあると思います。そのためここは随時更新したいと思います。

また、お問い合わせいただければ色々こたえたいと思います。私も日々勉強なので、いろいろ学んで発見し皆様にお伝えできればと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-その他
-, ,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5