EXTREME : エクストリーム HEAD ラケット

スピンラケット!!【ヘッド:エクストリーム MP 2020】インプレ グラフィン360+搭載 エクストリームナイトも新発売! ~HEAD EXTREME MP~

この記事の内容

  • エクストリーム MPの「打った感想」や「こんな方におすすめ」が書いてあるよ!
  • エクストリーム MPの「スペック」や「搭載されているテクノロジー」が書いてあるよ!
  • エクストリーム MPは「誰が使用しているのか」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

目立つ色である黄色を施されたヘッドのラケットである「エクストリーム」。デザインだけではなく、スピンがかなりかけやすいということでも有名です。

その中でもHEADで一番人気のあるMPを今回の記事で紹介したいと思います。

どういうラケットなのか、エクストリームMPの概要や「向いている人」「向いていない人」なども踏まえつつ、分かりやすく説明していこうと思います。

と言いつつかなり詳しく説明しようと思うので、目次を見てみたいところだけというのもありだと思います。

エクストリームMPの購入を考えている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):EXTREME MP(エクストリーム エムピー)】の評価

打ってみた感想

打ってみた感じとしては、スピンのかかり具合はエクストリームツアーと同じです。グロメットが特殊な形をしているので、かなりスピンがかかりやすくなっています。

また、ツアーに比べて若干ではありますが、飛び性能(パワー)が上がっているので、スピンに加えてパワーが欲しいという方にかなりいいラケットだと思います。

しかし、やはりスピン系のラケットなのでそこまでパワーを求めるのもよくなく、あくまでスピン系のラケットだということを頭の片隅に入れていただければと思います。

また、トップヘビーなためネットプレーでは少し扱いにくいかもしれません。

こんな方におすすめ!

スピン系のボールを打つ人

率直にメーカーもこれだけスピン系のラケットということを押し出しているので、フラット系で使用するのはあまりおすすめしません。

また、テクノロジーでも書いた通り、パワーロスを減らしているということやストリングパターンを見る限り、フラットで打ってしまうと飛びすぎてしまう可能性があります。メーカーの意思とテクノロジーからスピン系の方に向いています。

自分から打っていける人

飛ばなかったりディフェンスには向いていないなど高スペックありがちなラケットではありませんが、パワーロスを抑えているということやスピンを自分からかけるモデルになっているので、こちらからアクションを起こしたほうがラケットの性能を引き出せそうです。

飛び性能が欲しい人(TOURと比較)

こちらはエクストリームツアーとの比較になります。

フレームが厚くなり、フェイスサイズも大きくなっているため飛び性能がプラスされています。そのため、ツアーはある程度自分から打たなくてはいけないですが、MPは若干楽にボールを飛ばせるようになっています。

https://www.tennis-lab-blog.com/extreme-tour/

【HEAD(ヘッド):EXTREME MP(エクストリーム エムピー)】

キャッチフレーズ

”SPIN THE GAME YOUR WAY #全身スピン”

直訳すると"ゲームを自分のやり方でスピンする"ということになりちょっと訳が分からないです(笑)しかし、より攻撃的ということだったので、スピンを中心で攻めていくというような感じなのではないかと思います。

また、ハッシュタグで「全身スピン」とあったり、ポスターのようなものにも「SPIN」という文字がたくさんあったりとスピンをかけるラケットなのだということは分かります。

概要


※国内正規品


※海外正規品

素材グラフィン
重さ300g
長さ27.0インチ
バランス325mm
フェイスサイズ100平方インチ         
フレーム厚23-26-21mm
RA値非公開
ストリングパターン         16(縦)×19(横)

エクストリーム ナイトも新発売!!


素材

グラフィン

グラフィンとは、炭素原子がハチの巣状(ハニカム状)に結合した単原子シートのことです…さっぱりわかりません。(笑)しかし、私でも分かる説明がありました!

グラフィンは、どんなシートよりも軽いのですが、非常に強く結合しているので強靭なだけではなくしなやかな新素材となっております。後ほど説明しますが、ヘッドの新作には「GRAPHENE 360 +」というテクノロジーが搭載されているので、この「しなやかさ」が重要になってきます。

重さ

重さは300gと平均的な重さになっています。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

27インチ(685mm)のラケットで考えたときは、320mmで大体ラケットの中心になり、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

さらに、27.0インチ(685mm)の場合、320mmより大きいとトップヘビーなラケット(ラケットヘッドが重い)になり、320mmより小さいとトップライトなラケット(ラケットヘッドが軽い)になります。

そのため、エクストリームMPはトップヘビーなラケットということになります。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

平均的なフェイスサイズの100平方インチとなっています。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

ラケットヘッドが23mm、フレーム横が26mm、シャフト部分が21mmとなっていて中厚ラケットと薄ラケが混ざったスペックとなっています。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

非公表となっています。打った感じやラケットのコンセプトがスピン系なので恐らく柔らかい分類になると思います。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

16×19なので一般的なストリングパターンになります。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分にグラフィンを搭載することにより高い操作性を、ラケットヘッドの部分にグラフィンを搭載することにより、フレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

SPIN GROMMETS(スピン グロメット)

12時方向(ラケットヘッド部分)のグロメットが円錐状に作られています。そのため、メイン(縦)ストリングの可動域が広がっていて、スピン系のショットを打つ際にストリングの動きを増大し、スピンがかけやすいラケットに仕上がっています。

SPIN SHAFT(スピン シャフト)

インパクト時のネジレを防いでパワーロスを低減させることで、面が安定し、パワーとスピンの増大、コントロール性能をよくしています。

POWER GROMMETS(パワー グロメット)

12時方向に搭載されたスピングロメットだけでなく、ラケット全方向に穴の大きなグロメットを配置してすることで、ストリング全体の可動域を拡げて、パワー増強とソフトな打球感を実現しています。

SPIN PATTERN(スピン パターン)

16×19のストリングパターンにはこだわっていて、そのストリングパターンのおかげで、ストリング同士の摩擦を減らし、スピンを生み出すためのスナップバック効果を高めています。

 

使用選手

TOURはM・ベレッティーニやL・ムゼッティが使用しているのですが、MPの情報がないので分かり次第載せたいと思います。

まとめ

いかかでしたか?

スピン系のボールを打たなきゃいけないし、自分から攻めなきゃいけないしで難しいと感じる部分も多いかと思いますが、とりあえずスピン系の打ち方という部分だけ考えていただければいいと思います。

そこまで高スペックではないし扱いにくいラケットではないと思うので、スピン系ということとデザインが気に入ればいいと思います。結構デザインが不評とのことも…(笑)

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-EXTREME : エクストリーム, HEAD, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5