GRAVITY : グラビティ HEAD ラケット

【ヘッド:グラビティプロ 2021】インプレ・評価・感想 ズべレフ / ルブレフ使用モデル ~HEAD GRAVITY PRO~

この記事の内容

  • 「特徴(おすすめや筆者総合評価)」が書いてあるよ!
  • 「データ(スペックやテクノロジー)」が書いてあるよ!
  • 「使用している選手」が書いてあるよ!

K

こんにちは、Kです!

グラビティに新たな仲間も加わり、デザインも新調されました。

男女合わせてTOP10の選手が3人も使っていて使用率も高くなっています。

さてそんな感じで今回は「グラビティシリーズ」の中でも「グラビティプロ」についてまとめました。

目次も活用してくださいね!

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):GRAVITY PRO(グラビティ プロ)】の特徴

こんな人におすすめ!

フラット系アグレッシブベースライナー

フェイスが100平方インチなのはありがたいですが、重さやストリングパターンを見てもかなりハードなスペックです。

「ボールを飛ばしたい」や「楽に打ちたい」という人には向いていないと思います。

しかし、裏を返すと自分から打っていく人には向いています。

また、スピンをかけて展開する人より、フラットで打った方が鋭い球を打てると思います。

ハードなスペックのラケットを初めて買う人

そこそこ打てるようになってくると「ボールが飛びすぎ」という人も出てくると思います。

そこでガットやガットのテンションを変えるか、ラケットを買えるかの2択になってくると思います。

ガットの変更はラケットよりお金がかからないことと細かい調整がきくのでそこまで考えこまなくてもいいのですが、ラケットはお金もかかり細かい調整はききません。

そのため1度ハードなスペックを買ったらそのままなのです。

そこでグラビティはハードだけどフェイスが100平方インチあるので、若干アシストがあります。

ハードスペックの入門編としていいと思います。

あ…。簡単というわけではないです!

総合評価

まとめると「自分から打っていくフラット系のベースライナー」に向いています。

重量は重く、薄ラケ、ストリングパターンも細かい18×20なので、そう簡単なラケットではないです。

また、スピンもかかりやすいということもないのでフラット系でガンガン打っていく人が使うのであれば、かなり相性がいいと思います。

しかし、その中でも独特なフェイスや100平方インチと、ハードスペックの中にアシストがあるので難しすぎるラケットではないと思います。

あとは、HEADのラケットに搭載されている「グラフィン360+」はもちろん搭載されているので打球感は柔らかい感じになると思うので、柔らかい打球感が好きな人にもおすすめです。

普通のハードスペック(フェイスサイズ98平方インチ程度、ストリングパターン18×20、薄ラケ)が使えなさそうという人はグラビティをおすすめします。

【HEAD(ヘッド):GRAVITY PRO(グラビティ プロ)】のデータ

キャッチフレーズ

"A MASSIVE SWEET SPOT THE NEW FORCE IN THE GAME"

直訳すると"大規模なスウィートがゲームの新しい力を発揮"と訳せるので、色々なテクノロジーがある中でも、ティアドロップ型のフェイスが1番の特徴だと思います。

スペック


素材グラファイトコンポジット
重さ315g
バランス315mm
長さ27.0インチ
フェイスサイズ100平方インチ
フレーム厚20.0mm
RA値非公開
ストリングパターン18(縦)×20(横)

素材

グラファイトコンポジット

グラファイトは別名、黒鉛と言い、カーボン(炭素)を黒鉛化(高熱処理)したものです。グラファイトは柔らかいので、グラビティもしなるラケットだと思われます。(RA値は非公開)

重さ

315gなので結構重めに設定されています。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。

そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

320mmで大体ラケットの中心にあります。バランスに関しては意外と難しいのですが、一般的な27.0インチ(685mm)のラケットだと中心点は320mmになので、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

320mmより大きいとトップヘビーなラケットになり、320mmより小さいとトップライトなラケットになります。

グラビティプロは315mmなのでトップライトということになります

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

平均的な大きさの100平方インチになります。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

フレーム厚は20.0mm均一なのでかなり薄いラケットになります。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

RA値は非公開になっています。

しかし、薄ラケということもあり、RA値は低めの柔らかいラケットだと思います。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

18×20と細かいストリングパターンとなります。

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

後で説明する3つの機能が搭載されています。

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分にグラフィンを搭載することにより高い操作性を、ラケットヘッドの部分にグラフィンを搭載することにより、フレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています。

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

TEAR-DROP

涙のようなティアドロップ型のフェイスのよりスイートスポットが拡大され、上部に移動したことでパワーが増し、飛ぶラケットになりました。フレーム厚が薄いラケットやストリングパターンが細かいラケットにとっては、飛び性能がプラスされることは嬉しいことですね。

フレーム断面の変更

深いストリング部分の溝や丸みを帯びた楕円形のフレーム形状によって柔らかい打球感とインパクト時にボールがラケットに乗っているしなるラケットと特有の感覚があります。

使用している選手

このラケットシリーズのラケットは、A・ズべレフのために作られたといってもいいと思います。A・ズべレフ自身もラケットの性能などに興味があったらしく、自分でどのようなラケットがいいかを提案して作ったとのことでした。

ついに発表がありました!!

A・ルブレフ選手の黒塗りラケットの正体はグラビティでした!

ATP(男子プロ)でTOP10の選手が2人使用してますね!

まとめ

いかがでしたか?

正直なところHEADで選ぶのであれば他のラケットの方が特徴があり選びやすいかもしれません。

ただ「ハードスペックだけど適度なアシストが欲しい」という人がいればグラビティも選択肢の1つに入ると思います。

それでは最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-GRAVITY : グラビティ, HEAD, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5