HEAD ラケット

【ヘッド:スピード MP LITE2020 グラフィン360+】 インプレ

この記事の内容

  • スピードMP LITEの「打った感想」や「こんな方におすすめ」が書いてあるよ!
  • スピードMP LITEの「スペック」や「搭載されているテクノロジー」が書いてあるよ!
  • スピードMP LITEの「誰が使用しているのか」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

「SPEEDシリーズ」の中でも一番人気のスピードMPを軽量化した「スピードMP LITE」。しかし、ただ軽くしただけのラケットではないので、MPとはまた違ったボールが打てます。また、スピードシリーズの中でも差別化できているので、MPだけではなく、Sとも比較して言っていただきたいと思っています。

そんなわけで「SPEED MP」を軽量化して少しスペックも変わっている「SPEED MP LITE」についての記事にしようと思っています。なるべく感覚や主観は少なめにしてスペックから見るインプレに仕上げようと思っていますので、最後までお付き合いをお願いいたします。時間がない方は目次もあるのでご活用ください。

それでは始めていきましょう!!

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):SPEED MP LITE(スピード mp lite】の評価

打ってみた感想

SPEED MPの軽量版として販売されていますが、ラケットの重量だけではなく、バランスも変わっています。バランスはトップライトではありますが、SPEEDシリーズのトップライトの中では一番重さがヘッド側によっています。

そのため振り抜きがよく、遠心力の力も加わるのでスピンがかかりやすくなっています。また、バランスポイントがヘッド側に動いた分、少し操作性も悪くなった感じがありますが、元々がよすぎたので全然許容範囲内です!

打球感も他のSPEEDシリーズと同じで柔らかい打球感で程よくホールド感があります。しなる感じはありません。

こんな方におすすめ!

フラットとスピン系の中間あたりのボールを打つ方

スピンに関係しているフレーム厚やストリングパターンはSPEED MPと同じですが、バランスポイントがヘッド側にズレた分、振り抜きがよくなっていてスピンもかかりやすくなっています。しかし、テクノロジーやスペック的にはスピン系のラケットではないので、スピンに頼りすぎてしますとパワーロスにも繋がる恐れがあります。

フレーム厚は23mmと厚くはないので飛びも程々に抑えられているモデルです。そのため、フラットで自然にスピンがかかる程度がいいでしょう。

オールラウンダーな方

PROやSPEED MP、Sに比べれば、操作性は落ちてしまいますが、それでも操作性の良さは健在です。そのためベースライナーだけではなく、ネットプレーにもかなり向いています。ホールド感がありコントロール性能もいいため、ストロークでもネットプレーでもピンポイントで狙いやすくなっています。

柔らかい打球感が好きな方

新スピードはGRAPHENE 360 +も搭載されており少し柔らかめの打球感に仕上がりましたが、柔らかい打球感が嫌いな方もいらっしゃると思います。私も柔らかい打球感は苦手でした。しかし、スピードは柔らかい打球感はありつつ、しなる感じではないのであまり好きではない方もしっくりくるかもしれません。

私は、スピードの打球感でしたら全然使えます!

【HEAD(ヘッド):SPEED MP LITE(スピード mp lite】

キャッチフレーズ

"BLINK AND YOU MISS IT"

直訳すると「点滅し、あなたはそれを逃します」とよく分からないのですが、スピードはゲーム展開の速さを突き詰めているモデルになっているので、瞬きしている間にチャンスを逃しますよ!のようなことだと思います。その早いゲーム展開するためにどのようなテクノロジーが搭載されているのでしょうか?

早速見ていきましょう!

概要

素材グラフィン
重さ375g
長さ27.0インチ
バランス330mm
フェイスサイズ100平方インチ         
フレーム厚23mm
RA値非公開
ストリングパターン         16(縦)×19(横)

素材

グラフィン

グラフィンとは、炭素原子がハチの巣状(ハニカム状)に結合した単原子シートのことです…さっぱりわかりません。(笑)しかし、私でも分かる説明がありました!

グラフィンは、どんなシートよりも軽いのですが、非常に強く結合しているので強靭なだけではなくしなやかな新素材となっております。後ほど説明しますが、ヘッドの新作には「GRAPHENE 360 +」というテクノロジーが搭載されているので、この「しなやかさ」が重要になってきます。

重さ

275gとかなり軽量なラケットとなっています。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

27インチ(685mm)のラケットで考えたときは、320mmで大体ラケットの中心になり、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

さらに、27.0インチ(685mm)の場合、320mmより大きいとトップヘビーなラケット(ラケットヘッドが重い)になり、320mmより小さいとトップライトなラケット(ラケットヘッドが軽い)になります。

普通は27.0インチのラケットだと320mmがイーブンバランスになるのですが、スピードは少し特殊で340〜345mm位までイーブンバランスとなっています。そのため320mmのスピードMP LITEはトップライトなラケットとなっています。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

黄金スペック(誰でも使いやすいスペックのラケット)と同じフェイスサイズになっています。普段98平方インチのラケットを使用している方だと少し飛んでしまったり、振り抜きにくいと感じることがあるかもしれません。

私は98平方インチのラケットを使っていますが、少し飛び過ぎてしまうと思った部分はありますが、振り抜きにくさは感じなかったです。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

フレーム厚は23mmと標準的な厚さになっています。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

非公表となっています。打った感じは柔かいので、硬いラケットではないと思います。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、反発D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、反発U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

16×19なので一般的なストリングパターンになります。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

出典 : HEAD公式

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分にグラフィンを搭載することにより高い操作性を、ラケットヘッドの部分にグラフィンを搭載することにより、フレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

スーパーアクティブ・ストリングベッド

早い展開に対応できるように縦のメインストリングを少し長めに設定してあります。その結果、コントロール性能・パワー・スピン性能が向上しています。

使用選手

スピードPROとSPEED MPはわかるのですが、MP LITEに関しては不明です。恐らく一般人でも扱いやすいラケットなのでプロは使用しないケースが考えられます。

まとめ

いかかでしたか?

恐らくMP LITEを選ぼうとしている方はSPEED MPSPEED Sのインプレもみると思います。MP LITEの判断基準としては、スピン性能や重量を比べるのがいいと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-HEAD, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5