よくある悩み

【テニス上達法】上達しない人・したい人必見!上手くなるために必要なこと!

この記事の内容

  • 「上達するために必要なこと」が書いてあるよ!
  • よくある疑問点が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

「テニスがうまくなりたい!」と思う人も多いと思います。

少なからず継続的にスポーツをやっているのであれば、上達したい気持ちはあると思います。

今回は技術的なことではありませんが、メンタル面で必要なことを記事にしました。

最初の心構えとして重要になってきます。

あっ...ですがそんなに硬い記事ではありませんのでご安心を!!

スポンサーリンク




結論!

上達するために必要なこと

  • 失敗をおぞれずに研究しよう!
  • 実際に練習しよう!
  • 自分を客観的に見よう!
  • 道具を徹底的にこだわろう!
  • テニスが好きな気持ちはなくさないようにしよう!

上達するために必要なこと

失敗を恐れずに研究しよう!

スクールのジュニアや大人でも部活動でやっている人も先輩やコーチから教えてもらうことは絶対に必要になります。

しかし、ずっと教えてもらうことだけを待っていても成長は止まってしまいます。

そこでさらに上達するには、自分で行動することが必要になってきます。

プロ選手は専属のコーチがいるため、選手の癖やプレースタイルを熟知していると思いますが、一般では専属コーチなどいません。

自分のことを一番知っているのは自分です。

そのために自分で考え、気づき、それでもうまくいかなければ研究する必要があるのです。

K

1回で正解を導き出す必要はないので、失敗を繰り返して成長しましょう!!

実際に練習しよう!

自己分析やプロ選手などを見て研究することも必要ですが、やはり実践として練習しなければうまくなりません。

部活動などで一日中練習する人だと練習量は足りていると思いますが、スクールなどで習っている人だと練習量が少ないと思います。

そこでコート外でも練習しましょう。

と言っても「ボールは打てないし、家の近くに練習場所がないよ!」という人も大丈夫です。

私は素振りをするようにしています。

その際にただラケットを振るだけの素振りだと意味ないので、しっかりどこでボールを捉えるのかやラケットの軌道を意識して素振りを行うようにしましょう!

自分を客観的に見よう!

これは結構おすすめです。

実際に打っているときは自分がどのようなフォームで打っているのかやポジションなどが分かりません。

そのため、いいときはどのように打っているのかや悪いときの癖もわからないのです。

そこで自分が打っている姿を写真や動画に収めるといいと思います。

人にアドバイスを受けて気づくことも多いですが、自分で実際に見て気づくことも多いのです。

道具を徹底的にこだわろう!

これは賛否両論あると思います。

「道具を選ぶ前にまず実力だ!」という人もいると思います。

しかし、道具はかなり重要だと思います。

じゃあ、初心者の人が超薄ラケかつフェイスサイズも小さく、ストリングパターンも細かいものを選んで練習して上達するかと言われると恐らく上達速度は遅くなると思います。

このようなハードスペックを初心者の人が使ってうまくなるとは思いません。(※厳密にいうと初心者の人でもハードなスペックが合う人もいると思います。)

そのため、しっかり道具を選ぶことは重要です。

なんたってボールを打つときに頼りになるのは自分の体とラケットのみですから!

テニスが好きな気持ちはなくさないようにしよう!

これは一番重要です!

テニスはうまくなることだけが全てではないです。

楽しくできればいいという人もいれば、うまくなりたいという人もいます。

それは皆さん次第です。

うまくなりたいという人はその気持ちと同時に好きな気持ちがなければうまくなれないと思っています。

これは、厳しいことではなく、やっぱりうまくなるには挫折などの厳しい時期は必ず訪れます。

そこでいかにテニスが好きという気持ちを保てるかはかなり重要になってきます。

嫌になってしまうとやめてしまう原因にもなるので…

そのためテニスが好きという条件は必須になります!

スポンサーリンク




よくある疑問点

素振りは意味ない!?

答えは考えないでやる素振りは無意味で考えてやる素振りは意味があると思います。

ただ、筋力をつけたいというだけであれば何も考えなくていいと思います。

しかし、意味がある素振りは「テイクバックはこうやって…ボールはココで捉えて…フォローするはこうやる…」などしっかり考えてやることが重要なので、目的によって意味があるかないかは分かれると思っています。

質より量!?

この答えは年齢や練習時間によってどっちが大切か分かれます。

年齢に関しては中学生くらいまでは量をこなすのが重要だと思います。

高校生以上になってくると量より質の方が重要でしょう。

さらにこの記事を見ている人は恐らく社会人の人が多いのではないでしょうか?

そのくらいの年齢層であれば確実に質の方が重要です。

やっぱり年齢が高くなってくれば経験値があるので、考えの幅が広がります。

また、量をこなしたところで疲れるだけで逆効果の場合もあります。

怪我もしやすくなっていますし…

運動不足解消!?テニスは痩せる!?

この答えは運動不足解消にはなると思いますが、痩せはしません。

プロテニス選手で太っている人って見ないですよね?

かなりスマートで痩せている人が多い気がします。

K

う~ん...みんなスマートです。

そのため、テニスをやると痩せるのではないかと思ってしまいます。

学生の頃はかなりの練習量があるため、食べても食べても太りませんが、社会人でテニスを始めると、普通は週1回1~2時間くらいが普通でしょう…

これでは運動不足解消にはなりと思いますが痩せません。

やっぱり痩せるにはトレーニングやダイエットが必要になってきます。

しかし、テニスを通じて運動することの大切さや楽しさをしれば、自然とトレーニングする習慣が増えてくると思っています。

なので、テニス自体で痩せるのは難しいかもしれませんが、テニスを通じて痩せることなら全然できます!

まとめ

いかがでしたか?

今回は「上達するために必要なこと」というテーマで書かせていただきました。

色々言っていますが、何よりテニスが好きという気も落ちが大切です!

最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-よくある悩み
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5