選手一覧

【ボルナ・チョリッチ】使用テニスラケットなど経歴を紹介

この記事の内容

  • チョリッチ選手の経歴・プレースタイル・戦績・獲得賞金が書いてあるよ!
  • チョリッチ選手の使用しているテニス道具が書いてあるよ!
  • チョリッチ選手のプチ情報が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

端正な顔立ちで坊主頭が似合う人。男の私から見てもかなりかっこいいです。ただ、プロなので顔だけではなく輝かしい成績も持っている「ボルナ・チョリッチ」です。

しかし、その顔立ちと成績にギャップが生じ、何歳かわからない方も続出しているとの情報が入ってきました。確かに前から世界ランキングの上位に食い込んでいることや、ツアーもいい成績を残しているので、20代後半かなーと思うかもしれませんが、まだまだ若いです。

そこで、この記事を見ればボルナ・チョリッチ選手のことが分かるように、選手の「基本情報」から「経歴」などを踏まえて、詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク




選手基本情報

名前ボルナ・チョリッチ(Borna Coric)       
※サイトによって異なります。
出身地ザグレブ(クロアチア)
利き手右利き
バックハンド両手打ち
自己最高ランキング     シングルス:12位 ダブルス:413位
生年月日1996年11月14日(23歳)
身長 / 体重185cm / 75kg

経歴

ジュニア時代

2013年、全米オープンもジュニア男子シングルスの決勝でタナシ・コキナキス(現在255位)を破り優勝し、プロに転向しました。

プロ転向

2014年、スイス・インドア(ATP500)の1回戦で当時世界ランキング13位のE・グルビスに勝利、さらに準々決勝では、当時世界ランキング3位のR・ナダルにストレートで勝利し、大金星を挙げました。またこのR・ナダルに勝利は2003年以降R・ナダルから勝利を挙げた中では最も若い選手となりました。この時点で世界ランキングが93位になり、11月にATP Star of Tomorrow(年間を通して活躍した選手に贈られる賞)を受賞しました。

2015年、ドバイ・テニス選手権(ATP500)の準々決勝で当時世界ランキング3位であったA・マレーにストレートで勝利したり、同年の全仏オープンでは3回戦に進出するといった活躍を見せました。

2016年、マハラシュトラ・オープン(ATP250)でATPツアー初の決勝進出、4月のハサン2世グランプリ(ATP250)で2度目の決勝進出しましたが、マハラシュトラ・オープン決勝ではS・ワウリンカに、ハサン2世グランプリではF・デルボニスに敗れ両方とも準優勝となりました。

同年8月のシンナシティ・マスターズ(マスターズ1000)では、3回戦でR・ナダルに勝利してマスターズ1000で初めてベスト8に進出しました。

2017年、ハサン2世グランプリで2年連続決勝進出し、P・コールシュライバーに勝利してツアー初優勝を果たしました。そのほかに全米オープンではA・ズべレフを破り3回戦進出、ネクストジェネレーション・ATPファイナルではベスト4入りを果たしました。

2018年、インディアンウェルズ・マスターズ(マスターズ1000)で初のベスト4進出、ゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)では、R・フェデラーに勝利してATP500で初優勝となるツアー2勝目を挙げました。勢いは止まることなく、全米オープンでは4回戦進出、上海マスターズ(マスターズ1000)では準優勝(決勝でN・ジョコビッチに敗れる)して、年間最終ランキングは12位まで上昇して、飛躍の年となりました。

2019年、全豪オープン4回戦まで進出し、マイアミ・オープン(マスターズ1000)とモンテカルロ・マスターズ(マスターズ1000)でベスト入りを果たしました。

2020年、全米オープンでベスト8とサンクトペテルブルク・オープン(ATP500)では準優勝と着々と実力をつけています。

K

急激に伸びた選手ではないですが、プロ転向の翌年から着々と実力をつけている選手ですね。既にトップ10の選手に勝てる実力はあるので、これからの順位変動が楽しみです!

スポンサーリンク




プレースタイル

一番の武器はフットワークです。厳しいボールも全力で取りに行き相手に返します。また、フォアハンドとバックハンドともに基本に忠実なフォームです。しっかり構え、テイクバックも左手を添えながら引きます。打ち方は似ていないですが、まるでN・ジョコビッチのように見えます。(以前はミニN・ジョコビッチと呼ばれていました。)

その基本に忠実なフォームとは違い、結構攻撃的なプレーをします。相手を左右に揺さぶり隙があればネットプレーをします。ドロップショットも使うため相手も困惑するでしょう。

その反面、ミスや甘いショットも目立ちます。ミスでいうと逆クロスのショットはサイドアウトすることが多いです。甘いショットは、相手のボールが浅くなりチョリッチが前に取りに行ったときスライスで返すことが多いですが、これが相手の取りやすいところに返してしまい、サイドを抜かれることが多いような気がします。

しかし、まだまだ若いのでミスや甘いショットが目立たなくなれば、トップ10は入るポテンシャルを持った選手だと思います。

戦績

2020年内でATPツアー(ATP250以上予選抜き)での戦績になります。

   サーフェス      勝      敗      勝率   
ハード11761%
クレー4450%
グラス000%
合計151158%

ハードコートでの勝率がいいですね。恐らく、チョリッチは攻撃的なプレーをするため、クレーのような球速が遅くなってしまうコートより、球速が速くなるハードコートが得意なのでしょう。

ちなみに攻撃的なプレー(ハードヒッター)は、ハードコートが得意という選手が多いです。最近だとA・ルブレフはかなりのハードヒッターで、ハードコートが得意と言っています。

※しっかり確認して勝敗を出していますが、間違えていたらごめんなさい。

獲得賞金

7,852,892ドル(約8億885万円)

※現在のレートで計算 1ドル = 103円

23歳の若手ですが、上位に食い込むことが多いので獲得賞金も多いです。タイトルはキャリア通算で2タイトルなので、これから獲得すると考えればさらに上がっていくのではないかと思います。

来年以降も楽しみです!

ランキングの推移

   年      ランキング   
2013年最終303位
2014年最終102位
2015年最終44位
2016年最終48位
2017年最終48位
2018年最終12位
2019年最終28位
2020年10月24位

マスターズでベスト4や準優勝、ATP500で優勝した2018年に急激にランキングが上昇しています。結構怪我も多いので、怪我がなければ安定して10位台にいれるのではないでしょうか。

使用しているギア

ウェア・シューズ

ウェアとシューズともにアシックスを使用しています。



ラケット

Wilson(ウィルソン) ULTRA 100 V3.0 を使用していると思います。


※国内正規品

その他

右腕のタトゥーの意味は...?

チョリッチは、右腕と右脇腹の2か所にタトゥーが入っています。そこで右腕のタトゥーの文字だけ判明しました。

"There is nothing worse in life than being ordinary"

これを直訳すると、"普通であることほど人生に悪いことはありません"ということだそうです。一見分かりにくいですが、簡単に言うと「他の人と違うことをしろ!」というようなことでしょうか?

恐らく、みんなと同じ道を行くのではなく、自分で考えて後悔せずに人生を楽しめのような感じだと思います。人それぞれ受け取り方は違うと思うので、皆さんはどう受け取りましたか?

まとめ

いかがでしたか?練習風景を見たときは、基本に忠実なフォームだったので、安定感を求めたプレーをするのかと思いきや試合ではかなりハードヒッターだったのでギャップに驚きました。

まだまだ若手で最近はグラスコートがないため、ややハードヒッターに有利な傾向にありますが、今後の活躍に期待です!

最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-選手一覧
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5