選手一覧

【ダニール・メドベージェフ】テニスラケットのメーカーはどこ?

この記事の内容

  • メドベージェフ選手の経歴・プレースタイル・戦績・獲得賞金が書いてあるよ!
  • メドベージェフ選手の使用しているテニス道具が書いてあるよ!
  • メドベージェフ選手のプチ情報が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

スラっとして高身長、手足も長いし顔もロシア仕立てのキリっとしたイケメン。しかし、ラケット破壊や選手との喧嘩、口調も悪いことで有名な「ダニール・メドベージェフ」の記事となっております。

高身長かつ端正な顔立ちのせいで、ベテラン選手と思われがちですがまだまだ若手です。さらに若手の中では一番ランキングが高く、次世代のNo.1選手の一角となっています。

そこで、この記事を見ればダニール・メドベージェフ選手のことが分かるように、選手の「基本情報」から「経歴」などを踏まえて、詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク




選手基本情報

この投稿をInstagramで見る

SF 💪🏼 #usopen2020

Medvedev Daniil(@medwed33)がシェアした投稿 -

名前ダニール・セルゲーエヴィチ・メドベージェフ
(Daniil Sergeyevich Medvedev)
※サイトによって異なります。       
出身地モスクワ(ロシア)
利き手右利き
バックハンド両手打ち
自己最高ランキング     シングルス:4位 ダブルス:170位
生年月日1996年2月11日(24歳)
身長 / 体重198cm / 83kg

経歴

プロ転向(2015年)

2016年 暴言を吐き失格

ニース・オープン(ATP250 現:リヨン・オープン)で本戦出場しましたが、次のサバンナ・チャレンジャーでD・ヤングとの対戦中に事件は起こりました。その対戦ではD・ヤングに加え審判も黒人でした。そのため、友人であるヤングに有利な判定をしたとして暴言を吐き、その暴言が人種差別的な言動として失格になりました。

2017年 悪態をつく、トップ50入り

1月のチェンナイ・オープン(ATP250)の決勝でR・バウティスタ・アグートに敗れ準優勝となりましたが、ATPツアーで自身初の決勝に進出しました。

4大大会では全豪オープンに初出場、ウィンブルドンでは、第5シードのS・ワウリンカを破る大金星を挙げ…たのはよかったのですが、またまた2回戦で事件が起こります。主審に不満をあらわにし、試合終了後に審判台に向かって小銭を投げつけました。そのような事件もありながら、実力は確かなもので、7月24日付の世界ランキングでは48位となりトップ50入りを果たしました。

11月に開催される21歳以下限定のネクストジェネレーション・ATPファイナルにも出場し、準決勝で鄭現に敗れるもののラウンドロビンを突破しました。

2018年 ATP500で優勝

シドニー国際(ATP250)でツアー2度目の決勝進出し、決勝ではA・デミノーを下し、ATPツアー初優勝をしました。8月のウィンストン・セーラム・オープン(ATP250)でも優勝し、ツアー2勝目を挙げました。

さらに10月の楽天ジャパン・オープン(ATP500)では、第3シードの錦織圭を決勝で破り優勝しました。

2019年 年間最多勝、ランキング4位

全豪オープンで4回戦出場、2月のソフィア・オープン(ATP250)では優勝し、ツアー4勝目を挙げました。

バルセロナ・オープン(ATP500)では決勝でD・ティエムに敗れるものの準優勝となりました。また、モンテカルロ・マスターズではN・ジョコビッチを破りベスト4という結果を残しています。その後のウィンブルドンは3回戦で敗退していましたが、世界ランキングで10位となり、初めてトップ10入りを果たしました。

シティー・オープン(ATP500)とロジャーズ・カップ(マスターズ1000)では決勝進出したもののN・キリオスとR・ナダルに敗れ準優勝となりました。しかし、その後のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは準決勝でN・ジョコビッチ、決勝でD・ゴファンを破りマスターズで初優勝を果たしました。大会終了後の順位は5位と自己最高をマークしました。

絶好調で向かえた全米オープンでは、準々決勝で2016年王者のS・ワウリンカを、準決勝でG・ディミトロフを破り決勝進出しました、決勝ではR・ナダルと対戦し、ファイナルセットまで追いつめたが敗れてしまい準優勝となりました。しかし、全米オープン終了後、世界ランキング4位となり自己最高ランキングとなりました。(しかし全米オープンで中指を立てる行為をし問題視されていました。)

サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)と上海マスターズB・チョリッチA・ズべレフを破りツアー7勝目を挙げました。その後の大会では初戦敗退などが相次ぎましたが、年間最多勝の活躍で2019年を終えました。

2020年 ランキング4位、マスターズ・ATPファイナルズ優勝

1月に開催されたATPカップ(ATP250)では準決勝でN・ジョコビッチに敗れベスト4、全米オープンでもD・ティエムに敗れベスト4など2020年の前半はあまりいい成績を残せずに奥さんに相談したり悩んでいたそうです。

しかし、11月のパリ・マスターズの決勝でA・ズべレフを破り優勝を果たしました。この大会後、R・フェデラーを抜かし世界ランキング4位に上がりました。続くATPファイナルズでも決勝でD・ティエムを破り優勝しました。

スポンサーリンク




プレースタイル

長い腕から繰り出すストローク中心に戦うベースライナーです。また、錦織選手がコメントしていましたが、ドロップショットやアンダーサーブも使用し、相手に合わせて戦い方を変えています。

その他に、試合中喧嘩をし不仲で有名なS・チチパスも「どうしてミスをしたのかわからない。ミスショットを打たされてしまう。」と言っていたそうです。

主観ですが、メドベージェフはフラット系のストロークです。しかも速度も特段早いわけではないです。しかし、ボールをよく見ているとブレているような感じ(普通のフラット系のボールではない)がします。サッカーでいう無回転シュートのようなボールなのではないかと推測しています。

サッカーの無回転シュートはボールがブレて軌道が読みにくいという特徴があります。メドベージェフもスピンはあまりかかっていないような感じなのでそのようなボールを打つことによって相手を翻弄しているのではないかと思います。

あと1つ言いたいことは、フォームがかっこ悪いです。これも結構言われているとのこと…僕は好きですけどね!!

戦績

キャリア通算でATPツアー(ATP250以上予選抜き)での戦績になります。

   サーフェス      勝      敗      勝率   
ハード1265669%
クレー101836%
グラス181260%
合計1548664%

クレーコートが苦手なようですね。大きく負け越しています。クレーコートの特徴として、バウンドしたボールの球速が遅い、スピン系のボールを打った時に高く跳ねるということが挙げられます。見事にメドベージェフはその逆です。

そもそも球速がそこまで早くなのでクレーだとさらに遅くなります。また、フラット系のボールを打つので、高くも跳ねません。相手にとって戦いやすい相手になってしまうわけです。そのため、クレーでの勝率が極端に低いのだと推測しております。

獲得賞金

12,566,584ドル(約13億1949万円)

※現在のレートで計算 1ドル = 105円

まだ24歳の若手なのでこれからどれだけ成長するかが気になります。さらにタイトルを取って活躍してほしいです...がもう少し態度が良くなればとも思います。

ですが、プロの選手は一般人では計り知れないプレッシャーと戦っていると思うので、これからもメドベージェフらしいプレーをしてもらえればと思います!

ランキングの推移

   年      ランキング   
2014年最終655位
2015年最終329位
2016年最終99位
2017年最終65位
2018年最終16位
2019年最終5位
2020年11月4位

2019年はすごかったですね。ATP250で準優勝、ATP500で準優勝2回、マスターズで準優勝と優勝、全米で準優勝とかなり活躍した年となったので16位から一気に5位まで上がるのもわかります。

さらにそこから大きく順位を落とさずに維持していることも素晴らしいです。

ウェア・シューズ

ウェアはラコステを使用しています。

シューズはナイキを着用しています。その時に発売されているもので型は変えているようです。

この投稿をInstagramで見る

🏆

Medvedev Daniil(@medwed33)がシェアした投稿 -

ラケット

フランス発のメーカーであるTechnifibre(テク二ファイバー)を使用しています。

この投稿をInstagramで見る

What an amazing year it was💥 2019 gave me so many ups and downs, like The American swing I would have never even dreamt of and a poor end of the season, but See you soon 2020, will work harder 💪🏻🎾 // Я провёл свой лучший сезон в этом году💥 Конечно же 2019 не был идеальным. Он подарил мне как невероятные результаты на протяжении всей американской серии турниров, так и совсем неидеальное выступление в конце года. До встречи в 2020, буду больше работать 💪🏻🎾

Medvedev Daniil(@medwed33)がシェアした投稿 -

メドベージェフが使用しているテク二ファイバーのT-FiGHT rs 305について書かせて頂きました。

その他

試合中にコーチが席から立ち去る!?

2020年2月21日に行われたオープン13(ATP250)の大会が開催されていて、メドベージェフも参加していました。そこでJ・シナー戦での悪態が気に入らなくボックス席を立ち去りました。

その悪態とは、ポイントを落とすたびにわめいたりとにかく悪いエネルギーを発していたみたいでそれが気に入らないとのことでした。先ほども書いた通り、メドベージェフの悪態振りは賑わせており、ボールボーイからタオルと受け取るときに思い切り取って振り払ったり、ラケット破壊、審判や相手に対して暴言を吐くなどいろいろあります。

それだけではなく勝った試合でブーイングを煽ったこともありました。以前に試合中温厚な性格なD・シュワルツマンも怒らせたこともあり、試合後に「プレーは素晴らしいのにもったいないよ」のようなことも言われたことも…

全く直る気配がありませんがずっとこのままなのか、それとももっと経験を積んだら直るのか…

まとめ

いかがでしたか?メドベージェフは悪態こそつくものの、素晴らしいプレーをします。また、今のトップ10にはいないようなプレースタイルも持っています。それ強力な武器であり今後No.1になるために必要なものだと思います。

今後のメドベージェフに期待大です!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-選手一覧
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5