ラケット

【テニスラケットの選び方】バランスポイントとその調整法も紹介!

この記事の内容

  • 「自分に合っているバランスの選び方」が書いてあるよ!
  • 「ヘッドが軽い(トップライト)ラケットの特徴」「ヘッドが重い(トップヘビー)ラケットの特徴」が書いてあるよ!
  • 「バランスの範囲」が書いてあるよ!
  • 「よく話題になる疑問点」が書いてあるよ!
K

操作性重視や飛び重視などラケットを選ぶうえでかなり重要になってくる要素です。

さらにその重要な要素を選ぶには、バランスが密接に関わってきます。

ということで今回はラケットのバランスについて解説していこうとも思います。

目次もあるので、時間がない方は是非活用してください!

スポンサーリンク




自分に合っている重さの選び方

結論

  • 操作性重視!かつ自分からガンガン打ちたいタイプ・・・トップライト
  • 飛び性能重視!ラケットのアシストが欲しいカウンタータイプ・・・トップヘビー

と言っていますが、バランスを一番最初に選ぶ必要はありません。

その理由としては他のスペックとの兼ね合いがあるからです。

基本的には

あらかじめこのように設定されていることが多いです!

  • 「重量:フェイスサイズ:バランス」=「重い:小さい:トップライト」
  • 「重量:フェイスサイズ:バランス」=「軽い:大きい:トップヘビー」

となることが多いです(※例外もあります)。

メーカーがあらかじめ使いやすいように設定してくれています。

そのため、こちらで選び必要はないのです。

それでも調整したいときは、市販されている鉛テープなどを使って調整するのがおすすめです。

ヘッドが軽い(トップライト)ラケットの特徴

ヘッドが軽い(トップライト)ラケットのメリット

  • 操作しやすい。
  • 軽く感じるので疲労が溜まりにくい。

ヘッドが軽い(トップライト)ラケットのデメリット

  • ラケットヘッドが軽いのでスイングスピードが上がりにくい(球威DOWNスピン量DOWN)。

ヘッドが重い(トップヘビー)ラケットの特徴

ヘッドが重い(トップヘビー)ラケットのメリット

  • ラケットヘッドが重いのでスイングスピードが上がりやすい(球威UPスピン量UP)。

ヘッドが重い(トップヘビー)ラケットのデメリット

  • 操作しにくい。
  • 重く感じるので疲労が溜まりやすい。

スポンサーリンク




バランスの範囲

基本的には、長さが27.0インチ(685mm)のラケットだと、バランスに320mmと書いてあればイーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

もちろん例外はありますが、いちいちラケット1つ1つ覚えてられないので、これだけ覚えていればいいと思います。

そのためバランスが320mmより小さければトップライト、320mmより大きければトップヘビーとなります。

よく話題になる疑問点

トップヘビーのラケットは打ち負けないの!?

確かにバランスのポイントが先端方向にあるため、スイングスピードは上がりやすいです。

しかし、これは自分が打つ場合に球威を上げやすいということにあります。

そのため、打ち負けないとは別の話です。

打ち負ける負けないは相手の球威次第なので「トップヘビーは打ち負けない」というのは違います。

まとめ

いかがでしたか?

バランスはとても重要でトップライトなのかトップヘビーなのかなど意外と難しいです。

しかし、ラケットにとってちょうどいいバランスはメーカー側で設定してあるので選ぶこと自体はそこまで難しくはないです。

そのため、最初に結論でも書いたようにトップライトはどんなユーザー向けなのか、トップヘビーはどんなユーザー向けなのかだけ覚えて頂ければ大丈夫だと思っています。

それでは、最後まで見て頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-ラケット
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5