ラケット

【テニスラケットの選び方】長い短いどっちがいいの?

この記事の内容

  • 「自分に合った長さの選び方」が書いてあるよ!
  • 「長いラケットの特徴」「短いラケットの特徴」が書いてあるよ!
  • 「長さの範囲」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです。

たまーに違う長さがあるラケットですが、現在のラケットのほとんどが27.0インチ(685mm)となっています。

書いた本人がいうのもどうかと思いますが、ラケットを選ぶ上で長さはそこまで重要ではないです。

そのため今回は簡単に説明させていただきます。

目次もあるので、時間がない方は是非活用してください!

スポンサーリンク




自分に合っている重さの選び方

結論

  • ほとんどのラケットが27.0インチなので、長さは選ばなくて良い。
  • それどころか見なくていいです。
  • 他のスペック優先!!!

私の考えにはなりますが、一般テニスプレーヤーにとって長さは重要ではないです。

むしろ見なくていいとも思っています。

プロになると話は別ですが、売られているほとんどのラケットは27.0インチ(685mm)ですし、一般プレーヤーだと少し長くてもあまり気づかないと思うので...

そのため、長さに関しては簡単に説明する程度にしたいと思います。

長いラケットの特徴

長いラケットのメリット

  • 遠くのボールが打ちやすい(比較的身長が低いアジア人に有利?)。

長いラケットのデメリット

  • 近くのボールが取りにくい。

短いラケットの特徴

短いラケットのメリット

  • 近くのボールが打ちやすい(比較的身長が高いアジア人以外の人に有利)

短いラケットのデメリット

  • 遠くのボールが打ちにくい。

スポンサーリンク




長さの概要

平均的な重さは27.0インチとしています。

日本人の錦織選手は0.25インチ(約6mm)長いラケットを使用しています。

また、錦織選手のコーチである、マイケル・チャンも長いラケットを使っているとして、一時期長いラケットが人気になりました。

まとめ

いかがでしたか?

今回はラケットの「長さ」について説明いたしました。

最初にお伝えした通り、そこまで重要な回にはならなかったです。そんのこんなで終わりです!

それでは、最後まで見て頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-ラケット
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5