ラケット

【テニスラケットの選び方 : 長さ編】長い短いどっちがいい?

スポンサーリンク




【 結論 : 自分に合っている重さの選び方 】

結論!!

  • ほとんどのラケットが27.0インチなので、長さは選ばなくて良い。
  • それどころか見なくていいです。
  • 他のスペック優先!!!

完全に個人的な意見になります。

長さは気にしなくていいです。

理由としては、一部例外がありますが、ほとんどのラケットが27インチだからです。

もちろん少し長いものもありますが、基本は同じです。

アマチュアではそこまで気にすることではないため、ほかのスペックを優先しましょう!

ラケットの長さについて

ラケットの長さで何が変わってくるかというと以下のことが変わってきます。

長さで変わるもの

  • 遠くのボールが得意か近くのボールがとれるか

根拠&解説

特に数値的な根拠はないのですが、1つ言えるのが身長が低かったり、力がない人に有利なのかなという気がしています。

というのも以下の人は長いラケットを使用しています。

長いラケットを使用している人

  • 錦織圭
  • マイケル・チャン

錦織選手の身長は「178cm」でマイケル・チャン「175cm」となっています。

この2人は海外の選手との「筋力」と「体格」の差を埋めるために長いラケットを使用しています(いました。)

錦織選手は「6mm」長いラケットを、マイケル・チャンはなんと「2cm」も長いラケットを使用したとのことです。

となると遠心力で振れるため威力あるボールが打てたり、長さを利用してディフェンス力が高くなるのかなという気がしています。

長いラケットの特徴

長いラケットのメリット

  • 遠くのボールが打ちやすい(比較的身長が低いアジア人に有利?)。

長いラケットのデメリット

  • 近くのボールが取りにくい。

短いラケットの特徴

短いラケットのメリット

  • 近くのボールが打ちやすい(比較的身長が高いアジア人以外の人に有利)

短いラケットのデメリット

  • 遠くのボールが打ちにくい。

スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたか?

今回はラケットの「長さ」について説明いたしました。

最初にお伝えした通り、そこまで重要な回にはならなかったです。そんのこんなで終わりです!

それでは、最後まで見て頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-ラケット
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5