よくある悩み ラケット

【男性必見!!】初心者おすすめテニスラケット5選

この記事の内容

  • 「初心者おすすめラケット5選」が書いてあるよ!
  • 「注目スペック」が書いてあるよ!
  • 「選ぶときの注意点」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

今回は、初心者におすすめのラケットということで5本のラケットを挙げさせていただきました。一応、私からのおすすめということでしたが、必ずこの中からということではないので、参考程度までに見ていただければ嬉しいです!

もちろん、この中から選ぶ方もいらっしゃると思うので、真剣に選ばせていただきました。

目次もあるので是非活用してください!!

それでは始めていきましょう!!

スポンサーリンク




初心者おすすめラケット5選

ヘッド:スピードMP


使いやすい点

  • 柔らかい打球感
  • 操作性が抜群
  • 癖のないラケット

いい意味で特徴がないラケットになります。

スピンもかかればフラットでも打てるため、まさに最初の1本におすすめです。

また、少し慣れてきたらストリングにこだわっていただければ、ストリングの性能がそのまま表れやすいラケットになっています。

長い間使えるという点でもかなりいです!

バボラ:ピュアドライブ


使いやすい点

  • ラケットの中でも1,2位を争う不動の人気ラケット
  • ボールの威力を出せるパワー重視
  • どのポジションもこなせる

テニスを少しかじったことのある方でも「ピュアドライブ」という名前は聞いたことがあるくらい、かなり人気なラケットになっています。

ピュアドライブと聞くとスピン特化のラケットかと思いきや、パワー系のラケットになっています。

ストロークはもちろんのこと、ネットプレーで活躍しそうな感じでした。

ヨネックス:イーゾーン100


使いやすい点

  • 柔らかい打球感
  • 広いスイートスポット
  • バランスの取れたスペック

柔らかい打球感が特徴で振動吸収性に優れているため体にも優しいモデルになります。

また、ヨネックスのラケットは独特なフレーム形状でスイートスポットが拡大しているため、真ん中に当たりやすくなっています。

スピンとパワーのバランスも良く扱いやすいラケットとなっています。

ダンロップ:FX500


使いやすい点

  • 柔らかい打球感
  • パワー重視のラケット
  • どのポジションもこなせる

グロメット部分に溝があるかなり珍しいラケットになっており、その溝があるおかげでガットがたわみかなり柔らかい打球感のラケットになります。

また、スピン系のラケットではないため、基本的にはフラット系のボールを打つ人におすすめではありますが、ガットがたわみやすい関係でスピンも程よくかかってくれます。

パワー重視ということもあり反発力もあるため、ボレーやスマッシュなどのネットプレーでも役に立ちます。

ウィルソン:クラッシュ


使いやすい点

  • どのポジションもこなせる
  • 強いしなりを感じるラケット
  • 柔らかい打球感

第一印象としてかなり万能なラケットという印象です。最大の特徴は"しなりによる柔らかさ"ですが、この柔らかさがあるおかげで、スピン・パワー・コントロールのバランスが良く仕上がっています。

そのため、どのポジションでもこなせるラケットになっています。

注目スペック

重さ

重すぎてもダメ軽すぎてもダメ…「じゃあどの重さがいいんだ」となります。

答えは「300g ± 5g」でいいです。

もちろん普段の運動量や筋肉量にも関わってきますが、男性だったら十分振れる重さとなっております。

バランス

詳しく説明するとかなりややこしくなってテニスを始める前から憂鬱な気分になるのでここも断言します!

バランスは310mm~320mmの範囲の記載があればいいでしょう。

このバランスのラケットであれば「なんか振り抜きにくいなぁ」ということはないです。

フェイスサイズ

よく「初心者の方は大きめのフェイスがいい」という認識が多いみたいですが、大きすぎても飛びすぎて全くコートに収まらないということにつながります。

また、小さすぎても飛ばなすぎてコートに入れるのにかなり力が必要ということが起こります。

フェイスサイズは100平方インチがいいです!

100インチを選んでおけば失敗はないです。

フレーム厚

フレームが薄すぎるとパワーを出すのに力が必要になります。

そのため少し厚めのフレームがいいと思います。

フレーム厚は23mm~26mmがいいです。

ヨネックスのイーゾーンは22~26mmとなっていますが、22mm均一ではないので大丈夫です。

ストリングパターン

こちらはストリングパターンが細かすぎるとかなりハードなスペックになるので気を付けてください。

16×19を選べば間違いないです。

18×20もありますが、レベルが上がってきたときに変えるのがいいと思います。しかし、レベルが上がっても合わない場合があるので慎重に…

選ぶときの注意点

初級・中級・上級はあてにしない

よく量販店に行った時にラケットの紹介のカバー?のようなもので「初級◎中級○上級-」のような表記を見ませんか?

あれはあまりあてにしなくて大丈夫です。まだテニスをやっていない方も上級のラケットが合う場合もありますし、プロの選手でも初級のところに◎が入っているラケットを使う人もいます。

そのため、「初心者だから...」という理由でラケットの選択肢をなくす必要はありませんので、安心してください!!

ストリングパターン18×20には気をつけよう

少し慣れたらハードなスペックを使うことも考えるはずです。しかし、ストリングパターンの「16×19」と「18×20」ではかなり違います。

思っているよりハードなスペックになってしまうので気をつけてください!!

まとめ

いかがでしたか?

今回は初心者におすすめのラケットという題で解説いたしました。

しかし、この中から選ばなくてはいけないということではなく、私のおすすめということなので、もし違うラケットで気になるものがあれば全然いいと思います!!

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました!

k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-よくある悩み, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5