HEAD ラケット(整理中)

【ヘッド:エクストリーム エス 2020】超絶スピンラケットのインプレ・評価・レビュー ~HEAD EXTREME S~

この記事の内容

  • 「特徴(おすすめや筆者総合評価)」が書いてあるよ!
  • 「データ(スペックやテクノロジー)」が書いてあるよ!
  • 「使用している選手」が書いてあるよ!

K

こんにちは、Kです!

今回はあの超絶スピンラケットであるエクストリームの紹介です!

その中で軽量ラケットである「エクストリームエス」の紹介です。

エクストリームの中ではこのラケットにしかないものがあります。

一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):EXTREME S(エクストリーム エス)】の特徴

こんな人におすすめ!

軽量ラケットでスピン系のラケットを求めている人

エクストリームの中では2番目に軽いラケットです。

そのためそこまで体に負担がかからずにテニスを楽しむことができます。

その反面、軽いラケットほどパワーを出すためにバランスがヘッド寄りになっているため、ツアースペックと比べると少し振りにくくはなっています。

スピン性能は変わりなくヘッドの中では1番スピンがかかるモデルになります。

少し振りにくくはなったものの、しっかりとスピンをかけられます。

ボールをしっかり飛ばしたい人

ヘッドサイズやフレーム厚を見る限りかなりパワーが出るモデルです。

ラケットを振らない人でも当てただけで比較的飛んでくれるモデルとなっています。

しかし、力に自信はないけれどしっかり振っていく人はMP LITEにした方がいいと思います。

そのため、普段からあまり振る方ではなく、当てて返す人に向いています。

総合評価

ヘッドサイズも大きめでスピン性能かなりあり、パワーもあるラケットです。

自分から打っていく人にとっては飛びすぎてしまいコートに収まらないということが起こると思います。

しかし、当てて返す人や今後ラケットをしっかり振っていきたい人にとっては、かなりいいラケットになると思います。

【HEAD(ヘッド):EXTREME S(エクストリーム エス)】のデータ

キャッチフレーズ

"〜全身スピン スピンで攻めたいプレーヤーへ〜"

そのキャッチフレーズの通りでガンガンスピンをかけていくラケットになります。

スペック


重さ275g
バランス340mm
長さ27.0インチ
フェイスサイズ105平方インチ
フレーム厚23.0 / 26.0 / 22.0 mm
RA値非公開
ストリングパターン16(縦)×19(横)

重さ

275gなので、軽量ラケットとなっています。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。

「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。

そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスポイントはグリップエンドからの距離になります。

バランスって考え方が難しい割にメーカーによって違うこともあります。

一言で言うと、重心が手元寄り(グリップ寄り)にあればトップライト、重心がラケットヘッド寄りにあればトップヘビーになります。

エクストリームエスは340mmなのでイーブンバランスということになります

エクストリームシリーズでイーブンバランスはエクストリームエスのみとなっています。

スペックのみで判断する場合

320mmがイーブンバランスとして...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

やや大きめの105平方インチとなっています。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

フレーム厚はラケットヘッドが23mm、フレームの3時9の部分が26mm、スロート部分(三角形になっているところ)が22mmとフレームが薄いラケットとなっています

やっぱりスロート部分の厚さはあまり変わらないようです。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

RA値は非公開になっています。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

16×19と標準的なストリングパターンとなります。

スピン性能が特徴なラケットなので、このストリングパターンは妥当といったところです。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

後で説明する3つの機能が搭載されています。

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。

そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分とラケットヘッドにグラフィンを搭載することにより面のブレを抑えています。

その結果、ボールのインパクト時に安定性が向上し高い操作性とフレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています。

グラフィンとは?

丈夫で軽い素材(今まではカーボンという重い素材を使っていた)

グラフィンを使用することで軽量化かつパワーアップが実現!

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

深いストリング部分の溝や丸みを帯びた楕円形のフレーム形状によって柔らかい打球感とインパクト時にボールがラケットに乗っているしなるラケットと特有の感覚があります。

SPIN GROMMETS(スピングロメット)

ラケットヘッドのグロメット(ガットを通す穴)の可動域を広げることによって、ガットがストレスなく動けます。

また、ラケットヘッドの6つのグロメットをスピングロメットした理由としては、下から上にスイング(スピンをかけるときのスイング)したときにこの6本が大きく作用するということなので、ピンポイントでこの6つとなっています。

さらにこの6つ以外のグロメットも若干ではあるもののグロメットホールが広くなっています。

このグロメットによってガットが動くだけではなく、ガットのたわみも増して、スピンがかかることはもちろん!

たわみが大きくなればなるほどパワーが増し、さらにフィーリングも良くなります。

SPIN SHAFT(スピンシャフト)

この三角形の部分(赤い矢印部分)ですが、他のラケットと比べると狭くなっています。

また、グリップの上(黄色矢印の部分)は長くなっています。

注目してもらいたいのはこの三角形の部分なのですが、狭くすることによってブレがかなり少なくなっています。

イメージがつきにくいのですが、三角形の部分が大きくなればなるほどブレが大きくなり、小さくなればなるほどブレが小さくなります。

このブレを少なくすることによって、パワーロスが抑えられながらコントロール性能が上がっています。

ストリングパターン

この画像を比べてみてください!

一見普通の16×19のストリングパターンですが、幅がかなり広めに設計されています。(小さくて申し訳ないのですが、エクストリームだけ広めになっています!)

どういうことかと言いますと、広くなることによって摩擦係数が低くなりたわみが増します。

これもパワー増大の秘密ですね!

使用している選手

エクストリームシリーズに限らずですが、エスはプロ選手は使用しておらず、一般プレーヤー向けのラケットとなっています。

エクストリームシリーズは、M・ベレッティーニやR・ガスケ、L・ムゼッティが使用しています。

女子選手も比較的思いラケットを使っており、2021年全仏オープンシングルスとダブルス優勝という輝かしい成績を収めたB・クレイチコバも使用しています。

ガスケとクレイチコバは1つ前のモデルを使用しています!

まとめ

いかがでしたか?

ヘッドでスピン系のラケットと言ったらエクストリームに決まりです!

軽量といっても全然使えるので、特に女性の方におすすめとなっています。

それでは最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




エクストリームを見てる人はこんなものもおすすめ!



k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-HEAD, ラケット(整理中)
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5