HEAD PRESTIGE : プレステージ ラケット

【ヘッド:プレステージ ツアー 2020】 インプレ 攻撃型ハードヒッターにおすすめ ~HEAD PRESTIGE TOUR~

この記事の内容

  • 「特徴(おすすめや筆者総合評価)」が書いてあるよ!
  • 「データ(スペックやテクノロジー)」が書いてあるよ!
  • 「使用している選手」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

赤いデザインで見た目もスペックも派手な「プレステージシリーズ」も紹介です。

その中でもハードだけど一番癖がなさそうな「プレステージツアー」の記事を作りました。

ハードなスペックではありますが、使いやすい方もいらっしゃるはずです!

流し読み用に目次もありますので活用してください!

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):PRESTIGE TOUR(プレステージ ツアー)】の特徴

こんな方におすすめ!

フラット系アグレッシブベースライナー

フレームも薄く、ストリングパターンも細かい。

さらにフェイス形状はコントロール系のボックスフレームである。

まさにアグレッシブベースライナーとは相性抜群のラケットだと思います。

しかしパワー系の要素はないため、しなりが大きいからとスピンをかけてしまうとパワーロスをしてしまうため、しっかりフラット系で打っていく方がよさそうです。

コントロール性能重視のラケットを求めている人

フレーム厚が薄くボックス型のフレーム形状、グラフィン360+搭載で面ブレを抑制させるなど安定性やコントロール性があるラケットになります。

面ブレが抑えられているので、ネットプレーでも活躍できますが、バシバシ打っていけるベースライナーに向いています。

総合評価

ハードスペックを求めている人であれば必ず選択肢に入れたほうがいいラケットです。

重量はそこまで重くないため振りやすさはあると思いますが、飛び性能はかなり抑えめにできています。

そのため、スイングスピードがは速くしっかり振っていける人だったら扱えるラケットだと思います。

また、スペックを見る限りではネットプレーでも使えそうなので、使える人であればかなり重宝するラケットになると思います。

【HEAD(ヘッド):PRESTIGE TOUR(プレステージ ツアー)】のデータ

キャッチフレーズ

"RIGHT ON POINT"

直訳すると"正しい点"ということなのですが、プレステージシリーズは、1ポイントを狙うために正確なインパクトや打球感、コントロール性を追求したモデルということです。

ハードスペックな割に攻撃的なキャッチフレーズではなく、コントロール性能といった正確性を表しているキャッツフレーズになっています。どんなラケットかますます気になってきました!

早速見ていきましょう!

スペック

素材グラフィン
重さ305g
長さ27.0インチ
バランス320mm
フェイスサイズ99平方インチ         
フレーム厚21.5mm
RA値非公開
ストリングパターン         18(縦)×20(横)

素材

グラフィン

グラフィンとは、炭素原子がハチの巣状(ハニカム状)に結合した単原子シートのことです…さっぱりわかりません。(笑)

しかし、私でも分かる説明がありました!

グラフィンは、どんなシートよりも軽いのですが、非常に強く結合しているので強靭なだけではなくしなやかな新素材となっております。

後ほど説明しますが、ヘッドの新作には「GRAPHENE 360 +」というテクノロジーが搭載されているので、この「しなやかさ」が重要になってきます。

重さ

305gとプレステージにしては軽い分類です。

全ラケットで見ると平均より少し重いです。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

27インチ(685mm)のラケットで考えたときは、320mmで大体ラケットの中心になり、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

さらに、27.0インチ(685mm)の場合、320mmより大きいとトップヘビーなラケット(ラケットヘッドが重い)になり、320mmより小さいとトップライトなラケット(ラケットヘッドが軽い)になります。

320mmだと他のメーカーだとイーブンバランスになるのですが、ヘッドの場合は320mmでもトップライトになります。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

99平方インチでほぼ100です。

そこまで気にならないでしょう。

99は珍しい…。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

21.5mmと薄いフレームになります。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

非公表となっています。打った感じは柔かいので、硬いラケットではないと思います。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

18×20なので若干ハードなストリングパターンです。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

※グリップに関して

今までは扁平(ちょっと平べったい)なグリップでしたが、今回のプレステージから通常のラケットと同じラウンド型のグリップに変更になりましたのでご注意を!

やはり扁平なグリップの需要はなく、ラウンド型を使いたいとの意見が多かったらしいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

出典 : HEAD公式

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分にグラフィンを搭載することにより高い操作性を、ラケットヘッドの部分にグラフィンを搭載することにより、フレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

ボックスフレーム

フレームが四角形になっているもの(角があるもの)はボックス形状のフレームであり、プレステージシリーズはこのボックス形状のフレームを採用しています。

ボックスフレームの特徴

  • フレームがしなるためラケットに乗ってから飛んでいく感覚
  • ボールをコントロースしやすい

※デメリットとして「パワーロス」が挙げられます。

フルキャップ

代々プレステージで受け継がれています。普通はフレーム上部と下部のみについているのですが、プレステージはフレームの周りを覆うようについています。(画像でいうと赤が重なっている部分)

このフルキャップ仕様により重みのある打球感があります。

細く長いシャフト

出典 : HEAD公式

細いシャフトはしなりやすくなっていてホールド感のある柔らかい打球感になっています。

使用選手

ちなみに、「プレステージシリーズ」は片手バックハンドの選手がかなり使っていて、D・ティエム、S・ワウリンカ、G・ディミトロフ、R・ガスケが使用しておりました。

まとめ

いかかでしたか?

ハードヒッターが多い片手バックハンドプレーヤーに愛されるほどのラケットだということが分かりました。

現在では、片手バックハンドの人はあまり使わなくなった印象ですが、いまだにプレステージは人気なラケットの一種です。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-HEAD, PRESTIGE : プレステージ, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5