HEAD RADICAL : ラジカル ラケット

【ヘッド:ラジカル プロ 2021】新作紹介&インプレ!スピン系のグロメットを採用!? ~HEAD RADICAL PRO~

この記事の内容

  • 「特徴(おすすめや筆者総合評価)」が書いてあるよ!
  • 「データ(スペックやテクノロジー)」が書いてあるよ!
  • 「使用している選手」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

オールラウンドで知られているラジカルシリーズですが、その中でも一番ハードスペックなラジカルプロの紹介です。

モールドも新調して果たしてどんなラケットになったのか... 気になりますね!

スポンサーリンク




【HEAD(ヘッド):RADICAL PRO(ラジカル プロ)】の特徴

こんな人におすすめ!

ガンガン打っていく基本ベースライナーの人

最初は「ラジカルだからオールラウンダー向けなんでしょ!」とか勝手な先入観を持っていたのですが、そんなんことはありませんでした。

正直、ネットプレーは重すぎて向いていないかなとまで思いました。

ラジカルは、パワー・スピン・コントロール全てが平均より少し上ですが、平均以上というだけであってネットプレー向きというわけではないのです。

あくまで僕個人の感想ですが。

しかし、スピンも程よくかかり、パワーもある。そしてしっかりコートに収まるのでガンガン打つけど安定したプレーをしたい人に向いていると思います。

しっかりしたホールド感・食いつきを求めている人

これは結構多いのではないでしょうか?

私なるラケットやスピン系のラケットの特徴でもあるホールド感や食いつき感です。

ボールとガットが接触した瞬間にすぐ飛び出すのではなく、ある程度ラケット側に残ってくれます。

そして、その残っている感じが明らかに伝わってきます。

その感触が好きな人にはかなり合っているラケットです。

総合評価

正直なところ、あえてラジカルにする理由はないかなとも思ってしまいました。

僕個人の評価ではありますが、若干重くて振りにくい。

またホールド感はかなり感じられたものの、ちょっと嫌な振動が残ります。

ネットプレーはせず、ベースラインで戦えば良いものの、このラケットをずっと振るのは少し厳しそうです。

ヘッドのラケットなら、スピンはエクストリーム、パワーはグラビティ、コントロールはプレステージ、バランスはスピードといったぴったりのシリーズがあります。

インスティンクトもパワー系ではありますが.グラビティの方がいいかなと...

ラジカルを選ぶ理由を強いていうなら、やっぱり安定性とホールド感ですかね?

ホールド感他のラケットより勝っていると思います。

【HEAD(ヘッド):RADICAL PRO(ラジカル プロ)】のデータ

キャッチフレーズ

"あらゆるショットを可能に 〜オールラウンドなプレーヤーへ〜 "

ヘッドユーザーならおなじみかもしれませんが、ラジカルはオールラウンドなラケットとなっています。

どこがオールラウンドな要素なのかは後ほど詳しく説明します。

ちなみに私はヘッドユーザーではありません。

試打では打ったことあるんですが、スピードしか持っていません(笑)

スペック


重さ315g
バランス315mm
長さ27.0インチ
フェイスサイズ98平方インチ
フレーム厚20.0 / 21.5 / 21.0 mm
RA値非公開
ストリングパターン16(縦)×20(横)

重さ

315gなので、結構重めのラケットになっています。

僕も普段は300±5gのラケットを使用しているので、持った感じはすごい重かったです。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。

「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。

そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスポイントはグリップエンドからの距離になります。

バランスって考え方が難しい割にメーカーによって違うこともあります。

一言で言うと、重心が手元寄り(グリップ寄り)にあればトップライト、重心がラケットヘッド寄りにあればトップヘビーになります。

一般的には320mmがイーブンバランスと言われています。

しかし、フェイスサイズなどの兼ね合いもあるため、必ずしもイーブンバランスというわけではありません。

ちなみにいま紹介しているラジカルプロは、315mmでトップライトになっています。

スペックのみで判断する場合

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

小さめな98平方インチとなっています。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

フレーム厚はヘッドが20mmでフレームのサイドが21.5mmでスロート(シャフト)部分が21mmとなっておりフレームが薄いラケットとなっています。

オールラウンド系のラケットではやや薄めになっています。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

RA値は非公開になっています。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

16×19なので一般的なストリングパターンとなります。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

オレンジが眩しいです!

スポンサーリンク




テクノロジー

GRAPHENE 360+

後で説明する3つの機能が搭載されています。

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。

そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分とラケットヘッドにグラフィンを搭載することにより面のブレを抑えています。

その結果、ボールのインパクト時に安定性が向上し高い操作性とフレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています。

グラフィンとは?

丈夫で軽い素材(今まではカーボンという重い素材を使っていた)

グラフィンを使用することで軽量化かつパワーアップが実現!

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

深いストリング部分の溝や丸みを帯びた楕円形のフレーム形状によって柔らかい打球感とインパクト時にボールがラケットに乗っているしなるラケットと特有の感覚があります。

SOUND GROMMETS

出典 : テニスショップラフィノYouTube

一見普通ですが、若干楕円形なっているのわかりますか?

この形にすることによってガットがたわむ分食いつきが良くなり、ボールとガットの接触時間が延びます。

その結果、飛びにくいラケットではなくなり、飛びやすくなりパワーが付与されます。

CONTROL PATTERN (スウィートスポットに集めたストリングパターン)

すいません。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、他のヘッドのラケットと比べてみるとガットが真ん中によっているのです。

これはさっきと逆で、しっかり飛ばす性能ではなく、真ん中に当たった時に面がブレなくなり安定性が増します。

そのため、パワーと安定性の両立が図られています。

ちなみにガットは密集していると飛びが抑えられます。

VARIABLE BEAM (可変フレーム厚)

出典 : テニスショップラフィノYouTube

この画像結構わかりやすいのですが、スロートの上の部分は結構細くなってませんか?

この細さのおかげでラケットがしなりやすくなっているのです。

グロメットと相まって食いつきやホールド感がアップしています。

使用している選手

ラジカルプロは小さな巨人とも呼ばれているD・シュワルツマンやT・フリッツなどが使用しています。

女子だと元世界3位のS・スティーブンスが使用しています。

まとめ

いかがでしたか?

ラジカルは「これがすごい!!」という感じのラケットではないですが、重ささえクリアできれば万人受けするラケットとなっています。

ぜひ、皆さんも使ってみてください!

それでは最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




グラビティを見てる人はこんなものもおすすめ!



k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-HEAD, RADICAL : ラジカル, ラケット
-, , ,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5