HEAD SPEED : スピード ラケット(整理中)

【ヘッド:スピードライト 2020】インプレ グラフィン360+搭載!軽量かつバランスの取れたスペック ~HEAD SPEED LITE~

スポンサーリンク




【スピードライト】こんな人におすすめ

スピードライトはこんな人におすすめ

  • 操作しやすいラケットを探している人
  • 軽量だけどバランスの取れたスペックを求めている人
  • フラット系のボールを打つ人

【スピードライト】の改善して欲しいところ

もう少しパワー系に寄せてもいい

パワー系に寄せないところもいいとこではあるが、少しパワーが出しやすいスペックでもいいような気がします。

【スピードライト】のここがすごい!

抜群の操作性!

軽量モデルには珍しいイーブンバランス

クリアな打球感!

【スピードプロ】の詳細

打球感:若干硬めではあるものの球持ち感がある

硬めではあるものの、インパクト時に少し食い込む感じがします。

パワー:軽量モデルにしては若干パワー不足

パワーがないわけではないが、他の軽量モデルと比べると若干パワーは落ちる。

その分操作性はかなりいい方!

スピン:かかりにくい

スピンは期待しない方がいいです。

フラット系で打つ人に向いています。

操作性:全ラケットの軽量モデルの中でトップレベル

一番の目玉!

操作性はどのラケットよりいいです。

K
軽量モデルにしてはバランスの取れたラケットです!

スペック紹介

重さ265g
バランス340mm
長さ27.0インチ
フェイスサイズ100平方インチ
フレーム厚25.0 mm
RA値非公開
ストリングパターン16(縦)×19(横)

スピードに経験は関係なく、それは態度というべきもの。SPEED LITEは、ハンドリングのしやすさを求める初心者ながら、スピードを追求したいプレイヤーに最適です。新たなグラフィン360+ テクノロジーを採用、エネルギーを最適に伝達するグラフィン360°テクノロジーと革新的なスパイラルファイバーのコンビネーションにより、しなやかでクリーンなインパクトを実現します。マットホワイトとつやのあるブラックのアシンメトリーな新デザインで登場。

出典 : HEAD公式

重さ

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなる
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなる

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

重さについて詳しく知りたい!!!

長さ

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

長さについて詳しく知りたい!!!

バランス

スペックのみで判断する場合

320mmがイーブンバランスとして...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

バランスについて詳しく知りたい!!!

フェイスサイズ

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

フレーム厚について詳しく知りたい!!!

RA値

硬いラケットではないはずです。

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

RA値について詳しく知りたい!!!

ストリングパターン

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

ストリングパターンについて詳しく知りたい!!!

スポンサーリンク




デザイン

白と黒のデザインで誰にでも使いやすいデザインになっています。

白黒で使いやすいラケットがないのでデザインで候補に入る人もいるのでは・・・?

K
めっちゃ格好いい!正直デザインだけで選ぶ人もいると思います!

テクノロジー紹介

GRAPHENE 360+

出典 : HEAD公式

スパイラル・ファイバー・テクノロジー

上の図で白い丸があるところ(5時、7時の位置)が大きな変形負担のかかる場所になっています。そこに搭載することによって、強いフレックス性(しなる感じ)とクリアな打球感が生まれています。

その他、赤い部分にグラフィンを搭載することにより高い操作性を、ラケットヘッドの部分にグラフィンを搭載することにより、フレーム変形を抑えて面ブレを小さくしています

この3つによりしなりと硬さを共存させた安定したラケットが生み出されています。

スーパーアクティブ・ストリングベッド

早い展開に対応できるように縦のメインストリングを少し長めに設定してあります。その結果、コントロール性能・パワー・スピン性能が向上しています。

比較すべきラケット3選

【ヘッド:ラジカル ライト】

K
インプレ記事は今後書く予定です!

【バボラ:ピュアドライブ ライト】

K
インプレ記事は今後書く予定です!

【ダンロップ:FX 500 ライト】

K
インプレ記事は今後書く予定です!

最安値

楽天はこちら

amazonはこちら

使用選手

スピードライトはプロの選手が使用するモデルではなく、一般ユーザーに向けたラケットになります。

シリーズ一覧

スピード プロ

スピード MP

スピード MP ライト

スピード S

k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-HEAD, SPEED : スピード, ラケット(整理中)
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5