よくある悩み ラケット

【テニス】スピン系ラケットの特徴を紹介します!

この記事の内容

  • 「スピン系ラケットの特徴」が書いてあるよ!
  • 「注目するスペック」が書いてあるよ!
  • 「注意するスペック」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

1度は気にしたことがある「スピン」。

勝手にかかってくれればいいなぁと思ったこともあるのではないでしょうか?

私はあります。しかし、そんなうまい話はないですが、スピンがかかりやすいラケットはあります!

今回はスピン系のラケットの特徴について書いていきたいと思います。

恐らくこの記事を見て頂ければ、どのラケットがスピン系のラケットになるのかが分かると思います!!

スポンサーリンク




結論

スピン系ラケットの判断基準

  1. ストリングパターンが16×19のラケット。
  2. スピン系のテクノロジーでが搭載されているラケット。
  3. 参考程度でフェイスサイズが大きい、フレームが薄い、フレームが柔らかいなど。

注目するスペック

ストリングパターン

まず注目するべきところはストリングパターンです。

一番多いのは「16×19」で、よりハードなスペックだと「18×20」などもあります。また、ヨネックスには幅広いストリングパターンもあり、「16×20」や「16×18」などもあります。

ここで注目してもらいたいところは縦糸(別名:メイン)です。(「」内にある前の部分。「16×19」だったら16のこと)

縦糸はスピンのかかり具合に影響してくるので、目が細かい18より16の方がストリングの可動域が大きいためスピンがかかりやすくなります。

基本的に18のものはスピン系がかかりずらいラケットと考えていいです。

厳密にいうと...

スピンをかける=パワーロス

パワーロス=ラケットにパワーが必要

パワーが必要=飛び重視のラケット

飛び重視のラケット=ストリングパターンが粗いラケット

ストリングパターンが粗いラケット=スピンをかけるのに適したラケット

…というように考えています。

テクノロジー

テクノロジーに関しては、各メーカーで色々なテクノロジーが搭載されています。その中でも各メーカーで主要の1つを例に挙げたいと思います。

ヘッド:スピングロメット

テニスショップラフィノ

グロメットホールを大きくすることでストリングの可動域を広げ、スナップバック効果も高めています。

ウィルソン:FEEL FLEX(フィールフレックス)

新しいカーボンマッピング(カーボンの編み方)によって縦のしなりが大きくなっています。

そのため、バーティカルスイング(下から上に持ち上げるようなスイング)をしたときにスピン量が多くなります。

バボラ:FSIスピン

テニスショップラフィノ

マス目が大きいストリングパターンとトップとボトム部のグロメットを楕円形にしたスピングロメットを採用しています。

それにより、ストリングの可動範囲を拡大しスピン性能が増しています。

ヨネックス:String Sync Grommets(ストリング スィンク グロメット)

テニスショップラフィノ

トップとボトム部のグロメット開口部を拡大し、ストリングの可動域を広げています。

また、ヨネックス独自のNamdというテクノロジーで復元力も増していて、可動域アップと復元力の強化によってスピン性能が向上しています。

ダンロップ:スピンブーストグロメット

テニスショップラフィノ

フェイスのトップ部に可動量と可動方向が異なる2種類のグロメットを搭載しています。

異なるグロメットのおかげで高い打点や低い打点などの各打点の食いつき感やスピン量を最適化しています。

スポンサーリンク




注意するスペック

フェイスサイズ

フェイスサイズが大きくなればなるほど飛びが性能がよくなります。

そのため、先ほどの説明通りだとスピンの要素が入っているラケットということになります。

しかし、フェイスが大きくてもスピン系のラケットではない可能性もあります。

そこを見分けるには、スピンがかかるテクノロジーが入っているかいないかで見分けることができます。

1つ言えることは、私の調べではありますが、フェイスが大きいラケットでスピンが全くかからないというラケットはないと思います。

フレーム厚

スピンがかかりやすいラケットはよくしなるラケット。また、よくしなるラケットはスピンがかかりやすいラケット。

ウィルソンのブレードというラケットはその代表格です。さらに、ブレードは薄ラケ(フレームが薄い)のイメージが強すぎるあまり薄いラケット=スピン系のラケットというイメージが付きすぎています。

しかし、フレームの薄いラケットが必ずしもスピンがかかりやすいラケットとは言えないと思います。現にフレームが薄いラケットのピュアストライクはスピンがかかりづらいです。

また、フレームが厚いピュアアエロはスピンがかかりやすいです。

そのためフレームが薄いラケットでスピン系だというように決めつけるのは早そうです。

RA値

公表していないメーカーが多いので、これだけで決める方はいないと思いますが、フレーム厚とほぼ同じです。

こちらもRA値が低いラケット(フレームが柔らかい)ほどフレームが薄くてスピンがかかりやすい、RA値が高いラケット(フレームが硬い)ほど厚くすぴんがかかりにくいというイメージがありますが、現在のラケットは当てはまらないものもあります。

プロスタッフはフレームが薄いのに硬いラケットで、スピンはかかりにくいです。

そのためRA値だけでスピン系だと決めつけるのも早いと思います。

そのためRA値だけでスピン系だと決めつけるのも早いと思います。

また私の調べではありますが、柔らかいラケットでスピンがかかりにくいということはないです。

しかし、硬いラケットはかかりやすいものとかかりにくいものがあるので「硬いラケット(RA値が高い)」は注意が必要です。

スピン系のボールを打つ選手が使っているから

私も勘違いしたことがあります。

現在、かなり勢いのある若手のJ・シナーで例えてみます。J・シナーはバックハンドのスピン量がツアー内で5位にランクインしています。

しかし、J・シナーが使っているラケットは「スピードMP」です。もちろん「スピードMP」はスピンが全くかからないモデルではないのですが、ヘッドのラケットの中で1番ではありません。

それなのにスピン量はかなりあります。やはり選手の打ち方も関係するようでラケットの性能が全てではないことが分かります。

そうなってくると選手のスピン量だけで決めつけるのは早いです。

まとめ

いかかでしたか?

使用率が高いメーカーはかならず1シリーズでているように感じます。

また、スピンがかかると言ってもやはり使用者が持っているスピン量も影響してくるので、使えば必ずスピンがかかるというわけではないのでご注意を!!

今回も最後まで見て頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-よくある悩み, ラケット
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5