ストローク よくある悩み

【テニス:トップスピンをかけるコツ】スピン量を増やすにはフォームが大切!?

この記事の内容

  • 「スピンをかけるために必要なこと」が書いてあるよ!
  • 「スピンをかけるときに意識するところ」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

今回は皆様が大変気になっている「スピン」がかかる仕組みについて書いていこうと思います。

なぜ仕組みを説明するのかというと、かけ方と言っても感覚的な部分で終わってしまうし、スピンのかかる仕組みを理解すればどのようにスイングしたらいいのか分かると思ったからです!

スピンをかかる仕組みを理解するには、できれば全部目を通していただきたいですが、忙しい方もいると思いますので、目次も活用してください!!

それでは始めます!

スポンサーリンク




スピンをかけるには...

結論

  • スピン系のラケットを選ぶ。
  • スピン系のガットを選ぶ。
  • スイングを意識する。

この3点がスピンを構成する要素となります。

その中でも今回は「スイングを意識する」のみに焦点を当てて解説していこうと思います。

「スイングを意識する」とは何か?

よく「下から上にスイングすればスピンが勝手にかかるよ!!」と耳にするかもしれませんが、そんな簡単にかかったら苦労はしません。

間違いではないと思います。

しかし、下から上に持ち上げるようにスイングすれば、スピンはかかりますが、パワーが出ません。

恐らく「カシュッ!」という音とともにネットに引っかかると思います。

そのため、「下から上にスイング」もあってはいますが、もっと気にするべきところはあります。

それが、「インパクト」と「フォロースルー」です。

「テイクバックも必要じゃない?」と思うかもしれませんが、テイクバックはスピンをかける要素にそこまで関係してこないのでとりあえずここではスルーします。

ちなみにテイクバックに関しては別記事で解説してあります。

>>テイクバックの記事<<

インパクト

ボールがガットに当たる瞬間のことです。

インパクトは主に力に関係します。

スピンをかけようと思って、面が下向きになっていませんか?

それはあまり良くないかもしれません。理由は2つあります。

NGな理由

  • ボールに力を伝えにくい。
  • ネットの可能性が高い

面の向きは相手に向いている必要があります。

R・ナダルのスロー動画です。

スピン量の多いR・ナダルでも面は相手に向いています。

正直スピンはパワーロスです。

しかし、そのパワーロスをできるだけ抑えるためにも、ボールに力が伝わりやすいように相手に向ける必要があるのです。

フォロースルー

インパクト後のスイングです。

これは「下から上に振り抜く」のではなく「下から斜め上に振り上げる」のが正解だと思います。

これも下から上だと、相手に向かって打っていないのでパワーロスにつながります。

やってみればわかりますが、上方向に力が加わっているので、勢いよく前に飛ぶことはありません。

そのため、相手に向かって打つ必要があるわけです。

しかし、これではスピンがかかりません。

そこで、「斜め上に振り上げる」のです。

ちなみにスピン量が多いR・ナダルもこの「斜め上に振り上げる」と「早いスイング」でスピンがかかっていると言われています。

ちなみにスピン量が少ないR・フェデラーは「斜め上」ではなく「横」に振り抜いています。

まとめ

いかがでしたか?

スピンの仕組みをわかっていただけましたでしょうか?

普段練習するときも、スピンがかかる仕組みを理解して、スイングを意識するだけでだいぶ変わると思いますので是非試してみてください!!

最後まで見て頂きありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-ストローク, よくある悩み
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5