BLADE : ブレード Wilson ラケット

【ウィルソン : ブレード 98 18×20 V7.0 2019】 インプレ 打球感は柔らかいけど飛ばない!? ~Wilson BLADE 98 18×20~

スポンサーリンク




【Wilson(ウィルソン):BLADE(ブレード) 98 18×20 V7.0】の特徴

ブレード18×20のココがいい!!!

ハードだけど打球感が柔らかい

フラットドライブ系のボールでガンガン攻められる!

程よくスピンもかかりパワーロスも少ないモデル

総合評価

ブレードは扱いやすいことで有名ですが、万人受けするラケットではないようです。

しかし、フレームが柔らかく打球感もマイルドなため、他のハードなスペックのラケットに比べると少し扱いやすいといった印象です。

私はスピン系の球種より、フラット系の球種を打つ人の方がいいと思います。

理由としては、スピン系のラケットは特化したラケットがあるので、そもそもスピンをかけたい人はそっちを使った方がいいと思います。

そのため、フラット系でもスピンがかかりやすく、飛びも抑えられ、さらにパワーロスも減少したモデルであるブレードを使えばストレスなく振れると思います。

ブレード18×20のココが残念。

ハードスペックなため万人受けはしない。

打球感が柔らかく、打った感じはそこまでハードに感じませんが、スペックでわかる通りハードなラケットです。

飛びも抑えられているため、自分からラケットを振っていかなければなりません。

【ウィルソン:BLADE(ブレード)98 18×20 V7.0】のデータ

キャッチフレーズ

"しなり&ひねりの復元をパワーに還元するモデル"

しなりやひねりがあるモデルだと基本的にパワーロスをしやすくなりますが、ブレードはパワーロスではなく「パワーに還元」。

いわゆるパワーアップということになります。果たしてどのようなスペックなのでしょうか?

概要

素材バサルト・ファイバー、カロファイト・ブラック、ブレイディッド・グラファイト
重さ305g
長さ27.0インチ(685mm)
バランス320mm
フェイスサイズ98平方インチ         
フレーム厚21.0mm
RA値非公開
ストリングパターン         18(縦)×20(横)

素材

バサルト・ファイバー

玄武岩(バサルト)を原料とする新素材の繊維のことです。鉄と比較すると重さは3分の1で強度は3倍というとても高性能な繊維です。また、自然界に存在している石なので劣化の問題もありません。

カロファイト・ブラック

カーボン(炭素繊維)とシリコン・オキサイドに加え、カーボン・ブラック。ナノ・ファイバーを配合させた新素材...いや、分かりにくい。(笑)私たちは今から書いてあることだけ分かれば納得すると思います。

この新素材により、面の安定性が高まり、インパクト時の面ブレやネジレによるパワーロスを軽減できます。ネジレることで有名なブレードにとって、ネジレによるパワーロスの軽減は嬉しいことだと思います。

ブレイディッド・グラファイト

グラファイト(黒鉛)を二重に成型してできる素材です。グラファイトは柔らかいので、ブレード特有のボール画面に乗る感覚(ホールド感)はこのグラファイトからきているのでしょう。

重さ

305gなので平均より少し重いです。

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • 軽いほど・・・筋力は使わないが、ボールは軽くなりやすい
  • 重いほど・・・筋力は使うが、ボールは重くなりやすい

※ちなみに280g以下が軽量ラケット、315g以上が重量ラケットと言われています。

長さ

27.0インチは約685mmとなっており、一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチです。

「一般的に売られているラケットはほぼ27.0インチか~」と思って長さを見ないで買ってしまうと思わぬ落とし穴があるときがあります。

軽くて簡単に飛ぶラケットになってくると長さも変わってきます。

そのため、「必ず確認するぞ!!!」のように構えなくていいですが、ラケットを買う際は、長さとバランスは合わせて確認しましょう!

スペックのみで判断する場合

27.0インチが平均として...

  • 短いほど・・・近くのボールが取りやすい
  • 長いほど・・・遠くのボールが取りやすい

バランス

バランスの表示はグリップエンドからの長さです。

320mmで大体ラケットの中心にあります。バランスに関しては意外と難しいのですが、一般的な27.0インチ(685mm)のラケットだと中心点は320mmになので、イーブンバランス(トップライトでもトップヘビーでもない)になります。

320mmより大きいとトップヘビーなラケットになり、320mmより小さいとトップライトなラケットになります。

ブレード18×20は320mmなのでイーブンバランスということになります

スペックのみで判断する場合

300gが平均として...

  • トップライトなほど・・・操作性が良いが、自分の力でボールを飛ばさなくてはならない
  • トップヘビーなほど・・・操作性は悪いが、遠心力でボールを飛ばしてくれる

フェイスサイズ

こちらも平均より少し小さめな98平方インチになります。

スペックのみで判断する場合

100平方インチを平均として...

  • 小さいほど・・・飛びを抑えられるが、パワーを出すには自分の力が必要
  • 大きいほど・・・飛びすぎる可能性があるが、楽にパワー出せる

フレーム厚

フレーム厚は21.0mm均一なので薄いラケットになります。

スペックのみで判断する場合

23mmが平均として...

  • 薄いほど・・・飛びが抑えられパワーが控えめ
  • 厚いほど・・・よく飛びパワーもある

RA値

非公表となっていますが、ブレードはかなりしなるラケットなのでRA値も低めの設定だと思います。60前半なのではないでしょうか?

スペックのみで判断する場合

70が平均として…

  • 低いほど・・・ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU
  • 高いほど・・・弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※「U」はアップ、「D」はダウン

しかし、現在のラケットは技術が進化しており、薄いのに弾く感覚のラケットがあったり、厚いのにしなるラケットもあります。そんなときは以下を参考にしてください。

メモ

  • フレームは薄くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは薄くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

  • フレームは厚くRA値が低い

ボールを乗せて打つ。パワーD、安定性D、コントロールU、スピンU

  • フレームは厚くRA値が高い

弾いて打つ。パワーU、安定性U、コントロールD、スピンD

※こちらに関しては私が色々試打してみた結果となっています。

ストリングパターン

標準とされているのが16(縦)×19(横)となっているので、18×20は少し細かいものになります。飛びも抑えられてコントロール性能がいいラケットということができます。

スペックのみで判断する場合

16×19が平均として...

  • 細かいほど・・・飛びが抑えられ、コントロール性能が良くなるがスピンがかかりづらい
  • 粗いほど・・・飛びがよくなり、スピンがかけやすいがコントロール性能が悪くなる

※16×19は粗い方と考えていいです。

スポンサーリンク




テクノロジー

FEEL FLEX

カーボン(炭素素材)の編み方を変えたことにより実現したテクノロジーで、しなりが大きくなりよりラケットにボールが乗る感じがわかるようになりました。

さらに面の安定性だけでなくパワーとコントロール性能も増しました

X-LOOP

出典:ウィルソン公式

上の図で緑の枠線部分に採用されています。

緑の枠線のスロート部分(Wilsonと書いてある辺り)は、外側が平らで内側が丸くなっています。

フープの部分(ストリングが見える辺り)は外側が丸くて内側が平らになっています。

となると真ん中でねじれていることになり、インパクト時にひねりが加えられたまましなります。

結果、ボールが押し出されるときに元に戻る力が加わり勢いが増します。

こだわり部分

ELASTIC PAINT

手触りをよくするために採用しています。触ってみた感じベルベットな感じがして触り心地が最高にいいです。

TOP GRIP RAPER GEPMETORY

今までのブレードは右の図のようにグリップに差し掛かったところで急に大きくなっていたため、両手バックハンドの方は持ちにくさを感じていました。

しかし、新しいブレードは徐々に大きくなっているため、両手バックハンド時の持ちにくさが解消されています。

片手バックハンドの方は関係はないですが、両手バックハンドの方が多いのでこの改善は嬉しいのではないでしょうか?

MOVE THE BALANCE POINT(BLADE98シリーズのみ)

前のモデルと比べバランスポイントが5mm手前に持ってきています。

これにより操作性や安定性が増し、パワーロスが軽減されています。

しなりが大きいとパワーロスも多いため、バランスの変更は攻撃的なプレイヤーにとってはかなり嬉しいです。

BETTER FEELING(CONTACT FEELING)

バサルトファイバー(玄武岩から作られている繊維)の配合量を増加させることにより、打球感(衝撃吸収性能、遮音性)が向上しています。

使用選手

世界ランキング5位のS・チチパス選手が使用しています。

とりあえず使用率が高いので試合を見ていても、ブレード使用者vsブレード使用者ということも多くあります。

この投稿をInstagramで見る

Battez-vous pour que ça vienne.

Stefanos Tsitsipas(@stefanostsitsipas98)がシェアした投稿 -

まとめ

いかがでしたか?プロ使用率が高いだけあって色々なテクノロジーやこだわりが詰め込まれています。

ウィルソンのクラッシュが出たときでも「しなるラケット」として話題性を呼びましたが、ブレードでこんな性能が出てしまうと、クラッシュの存在が薄れてしまうような気もします(笑)

しかし、クラッシュはクラッシュで差別化できていると思います。

ウィルソンではそれぞれ差別化できているので、性能を比較しながら選ぶと間違いはないと思います。

では、最後まで見ていただきありがとうございました!

スポンサーリンク




k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-BLADE : ブレード, Wilson, ラケット
-,

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5