ラケット

【女性必見!】おすすめテニスラケット5選紹介!!

この記事の内容

  • 「おすすめラケット5選」が書いてあるよ!
  • 「注目スペック」が書いてあるよ!
  • 「選ぶ時の注意点」が書いてあるよ!
K

こんにちは、Kです!

今回は女性におすすめなラケットを紹介しています!

さらに全ラケットの中からおすすめなラケットを5本絞っておりますので、すでにテニスを始めていてもう1本欲しい人やこれから始める人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク




女性向けおすすめラケット5選

バボラ:ピュアドライブ チーム


使いやすい点

  • パワーが出しやすい
  • 操作性がいい

フェイスサイズ、フレーム厚、ストリングパターン…どこをとっても文句がないくらいバランスが取れたラケットです。

パワー系のラケットということもあって、女性や初心者の人、相手の球威を利用するカウンター主体のプレースタイルの人と幅広く使っていただけます。

特に今使っているラケットにパワー(球威)が欲しい女性には、かなりおすすめのラケットになります。

ヨネックス:イーゾーン100L


使いやすい点

  • 柔らかい打球感
  • パワーもありスピンもそれなりにかかる

ピュアドライブと同様スペックから見るとバランスがとれたラケットになります。

差別化をするとピュアドライブは「オールラウンダー向け」でイーゾーンは「ベースライナー向け」です。

イーゾーンはしなるラケットのなのでスピン性能が高かったり、ややトップヘビーなのでストロークをするのに向いています。

パワーは欲しいけど、自分で少し打っていける方はイーゾーンの方がいいと思います。

ヘッド:インスティンクトS


使いやすい点

  • デザインがいい
  • ガットでの調整がしやすい

正直性能はピュアドライブやイーゾーンの方がいいです。

しかし、デザイン性やカスタマイズ性ではインスティンクトの方が上回っていると思います。

ヘッドの新作はグラフィン360+が搭載されているため打球感が柔らかくなっています。

正直なところこれだけしかないです。

しかし、ラケットのセッティングはガットも含まれているため、ガットの性能やテンションが反映されやすいです。

ガットにこだわりがある方におすすめです。

ウィルソン:ウルトラ100L V3.0


使いやすい点

  • 抜群の安定性
  • パワーが出しやすい

ウルトラの特徴はなんといっても面の安定感です。

剛性の強い素材を使用した新フレーム形状のおかげ面ブレが抑えられています。

それだけではなく、クラッシュゾーンという新しいパーツを搭載することで、スイートスポットも拡大しています。

面がぶれない安定性としっかりスイートスポットを捉えられる安定性の両面から安定感を得られます。

なかなか芯を捉えられない人やもっとラケットによるアシストが欲しいという人におすすめです。

ダンロップ:CX400


使いやすい点

  • パワーとコントロールの両立
  • 振動吸収性が高い

まずスイートスポットの拡大と面ブレの防止が性能としてあげられます。

そのほかに、さすがゴムの会社ということだけあって振動吸収性にも優れています。

しかし、CX400にある性能は他のラケットにもあり、フレーム形状がコントロール系のボックス形状が気になります。

ダンロップユーザーにはいいと思いますが、同じようなラケットでもウルトラ100Lやイーゾーン100Lの方がいいような気もします。

似ているというところでは大差はないと思うので、お好きな方を選んでいただければいいと思います。

注目スペック

重さ

普段の運動量やテニス歴でも変わってきますが、目安としては

「280g ± 5g」

がちょうどいいと思います。

バランス

詳しく説明するとかなりややこしくなってテニスを始める前から憂鬱な気分になるのでここも断言します!

バランスは320mm~330mmの範囲の記載があればいいでしょう。

このバランスのラケットであれば「なんか振り抜きにくいなぁ」ということはないです。

フェイスサイズ

よく「初心者の方は大きめのフェイスがいい」という認識が多いみたいですが、大きすぎても飛びすぎて全くコートに収まらないということにつながります。

また、小さすぎても飛ばなすぎてコートに入れるのにかなり力が必要ということが起こります。

フェイスサイズは100平方インチがいいです!

100インチを選んでおけば失敗はないです。

フレーム厚

フレームが薄すぎるとパワーを出すのに力が必要になります。

そのため少し厚めのフレームがいいと思います。

フレーム厚は23mm~26mmがいいです。

ヨネックスのイーゾーンは22~26mmとなっていますが、22mm均一ではないので大丈夫です。

ストリングパターン

こちらはストリングパターンが細かすぎるとかなりハードなスペックになるので気を付けてください。

16×19を選べば間違いないです。

18×20もありますが、結構ハードになるのでおすすめはしません。

選ぶときの注意点

初級・中級・上級はあてにしない

よく量販店に行った時にラケットの紹介のカバー?のようなもので「初級◎中級○上級-」のような表記を見ませんか?

あれはあまりあてにしなくて大丈夫です。まだテニスをやっていない方も上級のラケットが合う場合もありますし、プロの選手でも初級のところに◎が入っているラケットを使う人もいます。

そのため、「初心者だから...」という理由でラケットの選択肢をなくす必要はありませんので、安心してください!!

量販店の「女性向き」には気を付けよう

280g以下のラケットも多くあります。

そのため軽ければ軽いほど「女性向け」というポップをよく見ますが、あまり当てにしないほうがいいと思います。

確かに軽いと振りやすく疲労も溜まらないためいいのですが、軽すぎても上達の妨げになります。

そのため、「280g ± 5g」のラケットを振ってみたりして重く感じなければいいです。

また、バランスとの兼ね合いもあるので、軽いからと言って振ったときに軽く感じるとは限りません。

むしろ軽いラケットほど重く感じることが多いです。

まとめ

今回は全ラケットから5本選ばせていただきました。

どれも別々の特徴があるため、自分にあったラケットを選べば上達も早くなること間違えなしです。

詳しくは各ラケットのインプレ記事も出していますのでぜひ参考に!!

最後まで見ていただきありがとうございました!

k

こんにちは。kといいます。 普段は会社員。暇さえあればテニスのことを考えております。 ソフトテニス歴10年。硬式テニス歴3年。 千葉県出身。現在は妻息子と一緒に3人で暮らしています。 1つのテニスコミュニティとなれば嬉しいです。 よろしくお願いいします。

-ラケット
-

© 2021 Tennis.LAB Powered by AFFINGER5